乾燥肌の肌トラブルに効くステロイドの塗り方

Sponsored Link

私自身、乾燥による毛穴のトラブルで肌がよく炎症を起こすので、皮膚科でステロイド系の外用薬を処方されお世話になることしばしばなのですが・・・

一般的に「ステロイド」と聞くと、ホルモンに関係する薬であることを知っているため、副作用があるなど悪いイメージをいだいてしまったり、使うのが怖かったりすると思います。
ステロイドってやっぱり怖い薬なのでしょうか?

ベトネベート軟膏

 

ステロイド系外用薬について

ステロイドとは、「副腎皮質ホルモン」ともいわれ、副腎の外側の部分(皮質)で作られるホルモンのことを指します。

 

肌トラブルを起こしやすい乾燥肌・敏感肌の人にはありがたい薬で、皮膚の炎症を抑えたり、体の免疫力を弱めることでアレルギー反応を抑えてくれる働きがあるのですが、やっぱりいくつかの副作用があるので注意が必要です。

 

それは、ステロイド系の外用薬にも、その強さによって段階があるので、使用する際には適切なレベルのものを用いるということ。

 

例えば、赤みや一部に炎症があれば、保湿剤などではなくステロイドを使用した方が早く、しかもキレイに治るのですが、必ず適切な強さ(強さには5段階ある)のものを短期間の使用で治しきることが重要です。

とにかく赤みや炎症を和らげることを目的とし、そのためだけに集中して使うということですね。

 

「ステロイド=危険」というわけではないのですが、ステロイドを使用するときは必ず塗り方を知ってから使用してほしいというわけなのです。

 

<ステロイド系外用薬を使用する際の注意事項>
①適切な期間を守りしようする。だらだら長い間塗らない。
②塗るときは恐れずたっぷりと塗る。
③炎症してしまった周辺の正常な皮膚にも塗る。
④ステロイドを使用した後は念入りに手洗いをする。

 

皮膚の炎症の連鎖を劇的に食い止め和らげてくれるのはステロイドだけです。

病院で処方された時は、必ず医師か薬剤師に塗り方や塗る期間を指導されるはずなのでしっかり聞いて頂きたいし、市販薬で購入する際には説明書をきっちり読んで、正しく使用して頂きたいなと思います。

コメントを残す