乾燥肌対策には運動して汗を流すのもおすすめ

Sponsored Link

汗をかくという行為は、体内にたまりがちな老廃物を排出する効果を持ち、肌のために良いものというのが一般的な認識ですよね。
体内に老廃物があると、それが原因で肌荒れが起きてしまうので、なるべく貯めないよう、きちんと排出していきたいものなのです。。。

 

でも、同じ汗をかく行為でも、人はじっとしていてかく汗と運動した時にかく汗とでは種類が違うのをご存知でしょうか?

 

実は、じっとしたまま汗をかくだけでは、老廃物の排出にならないそうです
そこから出るのはサラサラの水分やミネラル分だけで、本来必要なものこそ出て行ってしまいますが、出て行って欲しいものは肌に残ったままなんですって(゚д゚)!

 

というのも、同じ汗をかくにしても、汗をかくメカニズムが違うから。
効果的に老廃物を出すためには、適度に運動を行いながらじんわりかいていく方が断然有効なのだそうですね。

diet2

そしてもう一つ、乾燥肌対策に汗をかいた方がいいという理由は、身体から分泌される汗と皮脂が、天然の乳液となって肌を守るからです。

 

そもそも人の毛穴からは、季節を問わず皮脂と汗の両方が出ています。
この油分と水分がバランスよく混ざり合い、皮膚をコーティングすることで、肌をさまざまな刺激から守ってくれているということですね。

 

このように、汗が果たす役割には意外と大きなものがあり、汗をかく人に乾燥肌の人が少ないのもうなずける感じです。
また、汗をかく季節の夏に肌の状態がよくなるのは、この汗をかくという行為によるものと考えられます。

乾燥肌の人でも夏に肌が潤っているのは、汗のおかげということができますね。

コメントを残す