アスタキサンチンを多く含む食品は?

Sponsored Link

抗酸化力の高いアスタキサンチンは、配合されている化粧品を使い、肌の外から浸透していく効果を実感することもできますが、毎日の食生活でアスタキサンチンが多く含まれる食品を食べて、身体の内側から浸透していく作用を活用することもできます( `ー´)ノ

では、アスタキサンチンを多く含む食品とは何でしょうか?

アスタキサンチンが多く含まれる食品は、エビやカニといった甲殻類の殻やサケ、いくらといった赤、またはオレンジ色の食品に含まれています。

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s

但し、エビやカニでお分かりのように、加熱して赤く(オレンジ色に)なる食品です。

 

例えば、マグロなどは生では赤い身のお魚ですが、加熱すると白っぽくなってきますよね。
なので、マグロにはアスタキサンチンが含まれていないのです(#^.^#)

 

これらの食品からもわかるように、アスタキサンチンは、脂溶性の性質を持ってるので、油と一緒にとることで、より効果が高まると言われています。
また、ビタミンCや亜鉛、銅、βカロテン、鉄、アントシアニン、DHA、ポリフェノールなどと一緒に摂取することで、さらに効果が期待できるそうですね。

 

ならば、アスタキサンチンを含む食品を食べる場合は、ドレッシングをかけて食べるサーモンサラダや、恵美やカニの炒め物などいい感じですね(#^.^#)

そして、サプリメントで摂る場合も、アスタキサンチン単独ではなく、ビタミン類や亜鉛、ポリフェノールなどを併せて摂りたいですね(#^.^#)

コメントを残す