美肌に欠かせない女性ホルモンの存在

Sponsored Link

女性の肌の状態や体調は、女性ホルモンのバランスに左右されますよね。
その証拠に、体調の好不調のバイオリズムを生理周期に照らし合わせると、ピッタリと合致します。

 

ということは、生理周期をつかさどる女性ホルモンの分泌状況を踏まえて過ごすためには、生理周期を把握する事はとても重要なことなのです( `ー´)ノ

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

私たちが意識しなければいけない女性ホルモンは、二種類あり、それぞれ肌にもたらす影響は違います。

 

1.エストロゲン(卵胞ホルモン)
肌の表皮の水分を保つことでツヤを与えてみずみずしい肌を作ります。
また真皮のコラーゲンやエラスチンの合成を促して肌のハリを保ちシワやたるみを防ぐ働きもあります。

 

2.プロゲステロン(黄体ホルモン)
天然の保護クリームである皮脂の分泌を促してくれます。
しかし、分泌が過剰になるとニキビの原因になるなど悪影響を及ぼしますので、注意が必要ですね。

 

実は、肌の状態にのみ着目すると、エストロゲンは「美のホルモン」と言われるほど肌の状態を良くしてくれ、プロゲステロンは、逆に肌荒れを招く原因になってしまったりします(>_<)

 

なので、美肌といえる状態になるのは、エストロゲンが多く分泌される期間であり、生理周期で言うなら卵胞期。
ダイエットがしやすかったり、体調が良かったり・・・と、女性が一番輝くのはこの時期なのです。

 

このように、常に女性ホルモンのバランスが良ければ肌の調子も体調も良いので、できるだけホルモンバランスを整えるケアをしたいですよね(#^.^#)

 

そのために一番大切なのは、毎日の生活習慣です。
バランスの良い食事や十分な睡眠など健康的な生活を意識し実践することが、最低条件として必要ですね。
また、女性ホルモンを活性化する簡単なセルフケアとしては、次のことが挙げられます。

  • 身体を冷やさない
  • アロマテラピーを楽しむ
  • よく眠り、目覚めたら朝日を浴びる
  • 恋愛をする(トキメキが大切)
  • 姿勢をよくする
  • 楽しく食事をする
 

いかがでしょうか?
いずれもちょっとしたこと(#^.^#)
でも、こういった簡単なことが女性ホルモンを活性化することにつながるようなので、ひとつでも多く試して美肌を手に入れたいですよね。

女性ホルモンのバランスを整えると、肌や髪がきれいになったり、くびれた女性らしいスタイルを保てると言われています。
女性である以上、大切にしたいことですよね(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す