化粧品に配合されているビタミンC誘導体の効果とは?

Sponsored Link

女性にとってとても重要な美容成分である「ビタミンC」。
美容のために毎日ビタミンCサプリメントを飲んでいる友人が複数いますし、私自身もよく外で運動をするため、努めてビタミンC豊富と言われるものも食べるようにしています。

レモン

だって、紫外線を浴びることで壊れてしまうコラーゲンをどんどん再生していかなければいけませんし、紫外線によって発生する活性酸素を除去しなければいけませんもんね(>_<)

 

でも実は、ビタミンCは壊れやすくもろいので、食べ物やサプリメントで口から入れたり、ビタミンC配合の化粧水を塗っても、肌の内側まで浸透しない可能性もあり、あまり効果がないそうです(>_<)

 

そこで、それらを改善して生まれたのが、「ビタミンC誘導体」という成分です。

ビタミンCを誘導体化させることによって、皮膚の内側に到達するまでビタミンCが壊れないようにされているのだそうです。
そして、皮膚の内側に辿り着くとビタミンCに変化し、肌にビタミンCとしての効果をもたらしてくれるとか。

 

ビタミンCの肌への効果は、メラニン色素を抑制するほか、できてしまったメラニンを還元する美白効果、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンの産生促進効果があります。

 

また、抗炎症作用によってニキビの重症化予防にもなるなど、その他に実にたくさんの効果をもたらします。

だから、ビタミンCが不足してしまうと、その分だけ肌も老化の一途を辿るのです(>_<)

 

そんなビタミンCを確実に肌に浸透させるビタミンC誘導体の役割は大変大きいですね。
そのため人気も高く、ビタミンC誘導体配合のスキンケア商品やサプリメント、ドリンクもたくさん売られているんですよ。

美肌には欠かせない必須の成分ですので、ぜひ積極的に摂るようにしてくださいね(*^-^*)

コメントを残す