美白成分としてのビタミンC誘導体とアルブチンの違いは?

Sponsored Link

これから紫外線もどんどん強くなる季節。
早いうちからホワイトニングケアはしておきたいですよね。

 

そこで、ドラッグストアなどでホワイトニング化粧水や美容液などを探してみると、「ビタミンC誘導体」とか「アルブチン」などと書いてある商品をよく見かけます。

これらはともに効果の高い美白成分です。
ただ、具体的な美白効果には違いがあるんですよね。

 

まず、「ビタミンC誘導体」ですが、こちらはビタミンCをお肌に浸透しやすくしたもので、メラニン色素の生成を抑制、そしてハイドロキノンと並び、色素沈着を防ぐ効果があります。

つまり、シミを防ぐと同時に、今あるシミに対しても淡色化する効果があるということなのです。

 

一方、「アルブチン」は、ハイドロキノン誘導体といって、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させ、ハイドロキノンよりも安全性が高く、お肌に浸透しやすくなった成分です。

しかし、その美白効果には、ハイドロキノンのようなメラニン漂白の作用はなく、メラニン色素の生成時にかかわるチロシナーゼを抑制する働き、つまりは予防的美白効果があるのみです。

 

同じ美白効果のある成分ではありますが、黒くなったメラニンを元に戻そうとしてくれる「ビタミンC誘導体」と、メラニンが黒くなるのを防いでくれる「アルブチン」。
役割にちょっとした違いがあるんですね。

 

なので、どちらか一方の成分だけを使うのではなく、お肌の悩みによって、両方が配合されたものを使用すると、より一層綺麗なお肌に近づけそうですよね。

 

そこでおすすめなのが、ちふれ アルブチンでご紹介した「ちふれ美白化粧水W」なのです。

ちふれ美白化粧水

だから、この化粧水はプチプラなのにすごく優秀なんですよ(^^)v
一部の口コミには、この化粧水でかぶれた・・・なんていうのがありますが、アルブチンはそもそも安全性の高い成分なので多分それはめったにないと思うんです。

よかったら、使ってみて下さいね(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す