ブルーライトは肌に悪影響なの?

Sponsored Link

最近、巷ではポケモンGO!なるものが流行っていて、道行く人の中には、歩きながらもスマホを凝視している人がいますよね(^^;)

 

そうでなくても、今の時代は学生を含め、ほとんどの人がスマホを何時間も見るような生活をしています。

でも、実はPCやスマホから発せられるブルーライトは、眼だけではなく、肌にもとても悪影響を及ぼすものなのです(>_<)

 

ブルーライトの悪影響

ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青色の可視光線。
主にPC(パソコン)やスマートフォン、LEDディスプレイ、液晶テレビから発せられているものです。

1d959902e097abb7165ff6da0c19dc4d_s

これがどのように私たちの体に悪影響を及ぼすかというと、直接的には、目がドライアイになったり、睡眠障害を引き起こしたりする・・・ということなのですが、さらに問題とされてきていることは、ブルーライトを浴びることでかなり大量の活性酸素を発生させてしまうことなのです( ゚Д゚)!

 

ご存知のように、活性酸素は、美容面でシミやしわといった老化をもたらすだけではなく、ほとんどの病気の発生原因にかかわっている厄介なもの。

健康で長生きするためには、何としても除去したり発生を抑えたりして対策しなければならないものなわけですね。。。

 

なのに、実はブルーライトは紫外線よりも防ぐことが難しいのだそうです。

 

そこで、ブルーライトを吸収して、発生する活性酸素を中和してくれる「ルティン」が注目されています。

ルティンとは、フラボノイドの一種であり、強い抗酸化力を持つ物質。
もともと目にある黄斑色素と呼ばれる抗酸化成分なのですが、これを補給してあげることが目のためにも肌のためにもブルーライト対策として重要なのだそうです( `ー´)ノ

 

ゆえに、肌へのブルーライト対策としては、「アルガマリス 日焼け止め UVビオクリーム 」が人気なようです。

アルガマリス

そして、目へのブルーライト対策としては、ルティンがこう配合されているサプリメント「朝のルティン&プラセンタ」が効果的とか。

朝のルティン&プラセンタ

この「朝のルティン&プラセンタ」は、グレープフルーツ味のゼリーなのですが、1本あたりにルティンが40㎎とどの商品よりも多くの量が配合されているのです(^^)v

 

しかも、女性にはうれしいプラセンタも6,000㎎も配合されています。
これは、プラセンタに肝臓強化作用があるから配合されていることで、目と密接な関係にある肝臓を応援し、ともに強化を図るための成分なのです。

 

ブルーライト対策としては、この配合は最高の組み合わせといえるものなのですね(#^.^#)

 

スマホを見すぎ!と言われるくらい見ている方、ぜひこれらのアイテムでブルーライト対策をしてくださいね!

>>>あなたのショボショボなんとかします。大桃美代子さんのお勧めサプリ

コメントを残す