カフェインが持つダイエット効果とは?

Sponsored Link

覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用などがあるとされているカフェイン。

実は、「コーヒーダイエット」という手法があるくらい、カフェインにはダイエット効果があるといわれているのです(゚д゚)!

a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

カフェインのダイエット効果とは?

実は、カフェインには「リパーゼ」という脂肪を分解する酵素を活性化させる作用があります。

 

つまり、脂肪の燃焼を助ける働きがあるということ。
適度に摂取することで、体内の脂肪を燃焼させることができるのです( `ー´)ノ


 

しかし、それにはいくつかの注意点があります。
それは・・・
  • 過剰摂取しないこと
  • 必ず運動をし、運動の30~40分ほど前にカフェインを摂取する
  • 長期間カフェインダイエットを行なわない
 

どういうことなのか詳しくご説明しますと・・・
脂肪の分解には適度な水分が必要なのですが、利尿効果の高いカフェイをの過剰摂取すると、体内の水分量が減ってしまい、今度は逆に脂肪の分解がなかなか燃焼されにくくなってしまいます。

なので、たくさん痩せたいからたくさんカフェインをとって・・・というのは間違いなのです(>_<)

 

それに、利尿作用は身体の冷えを招いてしまいます
冷えはダイエットには大敵!
逆に痩せにくい体質を作ってしまうことになりますので、気をつけて下さいね(*^-^*)

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

また、カフェインは「摂取すれば痩せる」というものではありません。
あくまでも脂肪を燃焼するきっかけを作るにすぎません。
適度な運動を行なうことによって、カフェインの脂肪燃焼効果を高めてあげましょう( `ー´)ノ

 

そして、ここが肝心なのですが、カフェインによるダイエット効果が表れて痩せたら、このカフェインダイエットは一旦終わって下さい。

 

というのも、長期でカフェインを摂取するダイエット方法をとっていると、カフェインに対する耐性ができてしまい、そのうち効果が表れなくなってしまうからです(>_<)

 

それでも続けていると、カフェイン中毒になってしまうので危険なのです!

 

つまり、カフェインにはダイエットに効果はありますが、カフェインの摂取の仕方次第では逆効果になってしまうことがあり、注意点が多いのです。
実施するなら、運動前に1~2杯飲むという程度にとどめて頂きたいなと思います。

コメントを残す