カフェインの危険性を再確認しておきましょう

Sponsored Link

カフェインは、コーヒーや紅茶だけでなく、ココアにも緑茶にも、そして栄養ドリンクにも含まれており、私たちの生活にとても身近な存在です。

 

だからついつい飲んでしまうのですが、カフェインは摂取量によって中毒症状がでたり、致死量というものが存在するので、その危険性を正しく知っておかなければいけません

 

カフェインの過剰摂取で死亡事故!?
最近、突然死亡した患者の死因「カフェインの過剰摂取だった」というニュースがありましたね。
カフェインとはでも触れている20代男性の死亡事故の件です。

 

彼は、疲労回復のために栄養ドリンクや栄養剤を多用しており、その中に含まれているカフェイン量が中毒症状の量を超え、致死量にまで達してしまったために亡くなられた・・・というものです。

 

実に「カフェイン」は私たちの生活の中でとても身近なものだなと感じます。

 

コーヒーや紅茶、清涼飲料水、そして市販薬などにも含まれていることから、知らず知らずのうちに、危険な量を摂取してしまっていたら怖いですよね(>_<)

 

自分が食べたり飲んだりしたものの中に含まれていることを知らない場合だってあるのですから。。。

edf332085d4e676c884991116e65b626_s

 

だからこそ、知識として含まれているものを知っておく必要がありますし、その飲料にどのくらいの量が含まれているのか、ざっとだけでも知っておいた方がいいと思います。

それによって1日の摂取量を計算できますから。

 

頻繁にコーヒーを飲んだり、カフェインの入った頭痛薬と栄養ドリンクを同時に摂取してしまったりすると、1日の適正な量を軽く超えてしまうことになります。

 

カフェイン飲料をとるときは、きちんと計算しながら飲まなければいけませんし、「すでに中毒になっているかも?」という方は、少しずつノンカフェインになれる訓練をしてくのも必要かもしれませんね(*^-^*)

コメントを残す