活性酸素は真皮層のコラーゲンを破壊する!?

Sponsored Link

肌のハリと弾力のためには欠かせないコラーゲン。
タンパク質の一種で私たちの体にもともとあるものです。

 

ですが、実際は加齢や紫外線、活性酸素など様々な原因によって、放っておくと20歳をピークに減る一方といわれていますね(^^;)

このコラーゲンは、肌においては弾力を保つ効果があります。

 

よくベッドが例えに出されるのですが、マットが肌だとするとコラーゲンはスプリングの部分にあたるのです。

これが弱くなったり数が減ると、たちまちマットが沈んでしまいますよね?
すると、肌にはたるみや頬の毛穴の目立ちにつながってくるのです。。。

 

体に対する働きとしては骨、爪を強くしたり軟骨を滑らかにしてくれる効果が。

つまり、肌だけでなく体にとってもコラーゲンは必要な成分というわけなのです( `ー´)ノ

 

そんなコラーゲンですが、減少の原因の1つとして活性酸素があります。

「紫外線はシミだけでなく、しわやたるみの原因にもなる」とというのは、しわ 紫外線でご紹介した通りなのですが、この光老化の正体が活性酸素によるコラーゲンの破壊なのです(゚д゚)!

だから、コラーゲンを守る一番の対策は、光老化を防ぐこと!
具体的に言うならば、肌に浴びる紫外線をカットすると同時に、大量発生する活性酸素を除去していくことなのです。

 

では、コラーゲンを増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは毎日の食生活でコラーゲンが含まれている食品を摂取することももちろん大切ですが、身体に吸収しやすいペプチドの形のコラーゲンをサプリメントなどから摂取することが効果的なようです。

 

それは、食べたコラーゲンがそのまま肌に行くわけではないからなのです。
食べたコラーゲンは一旦消化分解され、改めて肌や各部位に吸収されてきます。

そのときのために、より吸収しやすいペプチドでとることがポイントとなるんですね(#^.^#)

 

なので、おいしいコラーゲンなどをぜひご活用ください。
これならコラーゲンの風味が苦手な人でもストレスなく摂取できますよ♪

 

どんな栄養素もそうですが、体でまず足りないところに積極的に働きかけることが必要なので、肌のケアを考えている方は内側からサプリメント、外側からスキンケア・・・とダブルでケアしてあげるとより効果的なようです。

stockfoto_97766929_XS

自分の生活習慣に合う方法で上手にケアしてあげると良いですね♪
美肌と美骨のためにサビに負けない強いコラーゲンを作っていきましょう♪

コメントを残す