エラスチンを食品から補給する場合・・・

Sponsored Link

コラーゲンとともに肌のハリと弾力を維持するために必要なエラスチン。
普通にしていても20代半ばをピークに減少してくことがわかっているので、補給できるものならなんとか補給したいものですよね(^^;)

 

特に、次のような方にはおすすめです♪
・肌のハリや弾力を保ちたい方
・いつまでも若々しく居たい方
・美肌を目指したい方
・靭帯のケガを防ぎたい方
・動脈硬化を予防したい方

k3194

その補給方法としてまず考えられるのが、毎日の食事からなのですが、確かにエラスチンを多く含む食品もありますので、補給するという観点から言えば、そういった食品を多く食べればいいということになりますよね。

 

エラスチンを多く含む食品はといえば、手羽先や牛すじ、軟骨やモツ、丸ごと食べる小魚といったもの。
また皮まで食べられるように調理してある煮魚などもいいそうです。
ほぼコラーゲンが多く含まれる食品と同じですよね(*^-^*)

580ee5c8cd237e208b0c6e6473ecd874_s

しかし、これまたコラーゲンと同じなのですが、エラスチンを多く含む食品をたくさん食べたからといって、即それが肌のエラスチン増加につながるというわけではないようです(>_<)

 

その理由は、口から摂取するエラスチンは、体に吸収されるには分子が大きすぎるから。
皮膚のエラスチンになるためには、消化されることでまずもっともっと小さな分子のアミノ酸やペプチドに分解される必要があるとのことです。
そして、そこからやっと体に吸収されて体内のどこかの部分のエラスチンに活かされる・・・

 

エラスチンが存在する場所は、皮膚以外にも血管や靭帯などがありますので、必ずしも皮膚に回されるというわけではないようですね( 一一)

 

それでも、エラスチン祖補給することは全く意味がないというわけではありません。
身体を構成する栄養素は食事の栄養バランスがとても重要になりますので、エラスチンに関しても多く含む食品を積極的に摂ることは、即効性がないにしても必ず体に活かされるはずです。

積極的に摂っていきたい成分には違いありませんね(*^-^*)

 

スポンサードリンク

コメントを残す