エストロゲンとはどんなホルモン?

Sponsored Link

私たち女性の肌や体調を左右する女性ホルモン。
女性ホルモンには重要な2つが存在し、その一つがエストロゲンです。

 

エストロゲンの効果
エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、女性らしい身体をつくってくれたりと女性にとって大切なホルモンです。

 

しかし、それ以外にも次のような作用をもたらしてくれます。
  • 基礎体温を下げる
  • 精子が子宮の中に入りやすいように頸菅粘液の分泌を促す
  • 自律神経、感情の動きや脳の動きを整える
  • 骨の形成を促し、血管収縮を抑制する
 
エストロゲンが分泌される仕組み
脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると下垂体が反応して性腺刺激ホルモンを分泌します。

するとそれに卵巣が反応し、卵巣の中で眠っている卵胞のうちの10~20個が成長をはじめるそうです。
この卵胞の成長をサポートする為に、卵巣から分泌されるのがエストロゲンとか。
だから、エストロゲンの別名は「卵胞ホルモン」なわけですね。

 

このエストロゲンは、「美のホルモン」と呼ばれるくらい、肌を美しくしたり、女性らしい体つきにしたり、女性としての魅力を引き立たせてくれるホルモンです。
残念なことに、年齢とともに分泌量は減少し閉経とともに激減してしまいますが、活発にさせることで老化を遅らせ、美しい体を保つことができると言われているようですよ!(^^)!

 
エストロゲンを増やす食べ物
エストロゲンを増やす方法としては、エストロゲンに似た働きをする栄養素(エストロゲン様または植物性エストロゲン)を補給する方法と、エストロゲンを分泌する卵巣の働きを活発化させる方法が考えられます。

 
  • エストロゲン様の栄養素=大豆イソフラボン(大豆・納豆・おからなど)
  • 卵巣を活発化させる栄養素=ビタミンE(大根の葉、モロヘイヤ、カボチャなど)
  • エストロゲンの代謝を促す栄養素=ビタミンB6(バナナ、にんにく、マグロの赤身など)
  • 植物性エストロゲン=山芋やザクロ
 

こういった食べ物は、私たちのような年齢の女性は特に積極的に食べたほうがいいですね(#^.^#)

コメントを残す