ピーリング剤で有名なフルーツ酸の効果とは?

Sponsored Link

フルーツ酸という成分を耳にしたことがおありでしょうか?
エステでケミカルピーリングを経験したり、自宅でソフトピーリングをされたことのある方は聞いたことがあると思いますが・・・

エステ

そう、ピーリング剤として使われる成分なのです。

正式には「アルファヒドロキシ酸」というそうで、略してAHA(アーハー)と表記されることが多いですね(#^.^#)

 

ただ、このフルーツ酸という成分は、いくつかある酸の仲間の総称で、「フルーツ酸」という特定の成分があるわけではないそうです。
グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸・シトラス酸などがあり、これらを総称しての呼び方が「フルーツ酸」なんですって(^^;)

だから、グリコール酸 ピーリングでご紹介した「グリコール酸」という成分もフルーツ酸の一つ・・・なわけですね(#^.^#)

 

では、このフルーツ酸にはどのような効果があるのでしょうか?

 

フルーツ酸の効果とは?

フルーツ酸の効果は、ピーリング剤として用いられていることからも大体想像が付きますよね(^^;)
古い角質を排除するという、肌の新陳代謝の促進です。

 

そして、このことから毛穴つまりを解消してニキビの予防効果があったり、浅いしわや軽いしみなら排除できたり・・・といった効果が得られます!(^^)!

 

また、もう一つの効果としては、肌の弾力繊維であるコラーゲンの増殖を促す効果があるといわれています。
ピーリングって単に肌の古い角質を単にオフするだけではないんですね(#^.^#)

 

だから肌に優しいピーリング剤があるなら、1~2度のスペシャルケアを行うことはとても有効です。
フルーツ酸(AHA)の中にも肌に優しいものから刺激の強いものまでいろいろあると思いますので、選んで効果的なピーリングを行いたい出すね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す