話題の「グリーンカール」・・・その栄養とは?

Sponsored Link

「グリーンカール」という野菜を耳にしたのですが、ご存知でしょうか?

 

「グリーンカール」とは、形こそ丸く玉のようになっていません(専門用語では「結球していない」というそうです)が、れっきとしたレタスの仲間で、グリーンリーフやカールレタスなどとも呼ばれています。

 

結球していないという点では、リーフレタスに一番近いでしょうか?

グリーンカール

でも、このグリーンカールが最近評判になっている理由の一つは、サニーレタスのように苦くない点です。
しっとりと柔らかく、クセのない味ゆえに子供もバンバン食べてくれるそうです(#^.^#)

 

そして、この形。
結球していないがために1枚1枚はがれやすく、ちぎったり切ったりして食べるほかに、お肉を巻いたりして食べることができるんです。

サンチュと同じような食べ方ですね(#^.^#)

 

だから、千切りサラダとしてだけではなく、バーベキューのときにも重宝しちゃうんですって(#^.^#)

 

さらに、話題になるのは、その栄養素。
何と普通のレタスと比較すると、カロリーや水分量、食物繊維は同じくらいですが、タンパク質は倍以上ですし、ビタミンEは4倍以上、カロテンに至っては何と約9倍なんだそうです(゚д゚)!

すごい栄養素ですよね♪

 

これだけの栄養があって、かつ苦くなく食べやすいならいうことはない(^^)v
ぜひ子供に食べさせたいところです。

 

ではこのグリーンカール、旬はいつなの?・・・となりますが、レタスが、春レタスは4~6月、夏レタスは5~9月と二度旬があるのに比べ、グリーンカールは特に旬はなく1年通して取れるそうです(#^.^#)

 

早速買って食卓に並べたいところですが、残念ながら、まだ全国隅々のスーパーに並んでいるような野菜ではないんです。。。
早くもっと出回るようになってほしいですね。

コメントを残す