グリコール酸配合の化粧品のおすすめは?

Sponsored Link

グリコール酸は、角質を柔らかくし肌の新陳代謝を促す作用を持っていることから、毛穴トラブルの改善やニキビ治療の毛用品として用いられることが多いようです。

 

その代表的なものがピーリング剤なのですが、これについては、濃度によってグリコール酸 副作用でご紹介したような副作用が心配されるため、肌のことにあまり詳しくない素人の私たちが使うことに躊躇を感じたりしますね(^^;)

 

当ブログでも、グリコール酸ピーリングなら「プロに任せた方がいい」と書かせて頂きました(#^.^#)

 

ただ、グリコール酸は上手に活用すれば、十分効果的なスキンケアができます。
なので、化粧品として活用する場合には、低い濃度で配合されているものを選ぶようにしましょう(*^-^*)

そんなグリコール酸配合のおすすめ化粧品が「リプロスキン」です。

P1010358

このリプロスキンは、ニキビやニキビ跡のスキンケアに最適な柔軟型化粧水です♪
その「柔軟」とつく効果には、グリコール酸による角質層を和らげる効果が働いているんですね(#^.^#)

 

確かに、配合成分をみてみると、グリコール酸が配合されています♪

<リプロスキン成分表>
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、
精製水、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、クエン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ポリオキシエチレンヤシ油脂脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、大豆リン脂質、香料、スクワラン、D-マンニット、グルコン酸ナトリウム、クエン酸、ワルテリアインディカ葉エキス、デキストリン、フェルラ酸、1,3-ブチレングリコール、コラーゲン、トリペプチドF、海藻エキス、ソルビン酸カリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、アマチャヅルエキス、コメヌカエキス、アロエエキス、ゼニアオイエキス、酵母エキス、水溶性コラーゲン液、ダイズエキス

 

それも低い濃度に調整されているので、肌に刺激をもたらすようなことはありません( `ー´)ノ
むしろ、ニキビ直後のデリケートな肌にこそ効果を表すマイルドさなので、心配ぜずに使用することができますよ。

 

ニキビの炎症が治まった直後の肌は、赤らみや凸凹肌などニキビ跡が痛々しい状態です。

そんなときにピーリングのような刺激を与えるわけにはいきませんが、低濃度でのマイルド処方で角質を和らげて新陳代謝を促せば、こうしたニキビ跡は改善されていきそうですよね(#^.^#)

コメントを残す