保湿成分「ヒアルロン酸」とは?

Sponsored Link

化粧水や美容液の成分としてなじみの深い成分に「ヒアルロン酸」があります。
数ある保湿成分の一つなのですが、具体的にはどどのような成分なのでしょうか?
改めて詳しく確認しておきたいと思います(*^-^*)

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは、元々人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類のひとつです。

ムコ多糖類というのは、あまり耳慣れない成分ですが、要はネバネバした物質ですね(#^.^#)

pixta_551676_S

そのムコ多糖類の中でもヒアルロン酸は、特に水分保持力(保湿力)にすぐれた物質のようで、非常にたくさんの水を蓄えるといわれています。
具体的な数字で言うと、保湿力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで6リットルの水を蓄える)だとか(゚д゚)!

 

そして、ヒアルロン酸は、目や皮膚、関節、脳、動脈など人間の体のいたるところに存在する成分ということです。

特に多く存在するのが目・肌・関節です。
例えば、ヒアルロン酸は目の形を保つのに大切ですし、目の乾きを予防するのになくてはならない存在。

 

故に、ヒアルロン酸を補うことは、ドライアイの予防や改善・肌の乾燥予防や改善にも効果的なようですね。

 

ですが、年齢とともに減少する成分とのこと。
人間は約60%が水分でできている・・・というくらいですので、ヒアルロン酸がいかに私たちになくてはならない大切な存在かがわかりますよね(^^;)

 

そんなヒアルロン酸の補給方法としては、化粧品・ヒアルロン酸注射・サプリメントなどさまざまな方法があります。
30代になるとガタッと減少してしまうので、20代後半までには自分に合った方法を見つけて上手く摂取する習慣をつけることが大切です。

コメントを残す