ヒアルロン酸注射には副作用がある!?

Sponsored Link

ヒアルロン酸は、化粧品に配合されるだけでなく、サプリメントで内服もされますし、ヒアルロン酸注射でご紹介したように、しわを改善する方法としてもかなり人気があります。

メスを使わない、いわゆる「プチ整形」ですね。

 

元々、膝などの軟骨減少による関節痛の治療の為に、注射での直接注入は行われていましたが、それを美容にも応用されるようになってきたのが、このしわとりのヒアルロン酸注射ですね。

 

ヒアルロン酸注射の効果と副作用

ヒアルロン酸は、シワが気になる部分に直接注入すると、凹んだ部分がふっくらとし、改善されます。
最近10〜20代に人気の、涙袋への注入、その他にも唇や鼻、胸など、様々な部分への注入が行われているようですね。

 

そして、ヒアルロン酸注射が人気の理由は、同じくしわ取りのために行なわれるコラーゲン注射と比べてアレルギーなどの副作用のない点にあります。
元々体内にも存在する成分ということで、アレルギー反応を引き起こしたりすることがないんですね(^^)v

 

しかし、その代り、ヒアルロン酸は一度入れたら効果が一生保つものではなく、数年で自然に体内に吸収されてしまいます。
副作用がないのは大きなメリットですが、繰り返し注射を受けなければ、まったく元の形に戻ってしまうというのがデメリットかも知れませんね(^^;)

 

そのため、「持続型ヒアルロン酸」などと言ってヒアルロン酸に他の成分を混ぜ、効果が持続するようにしているケースがみられます。

k3194

しかし、そうすることでヒアルロン酸の安全性は低くなりますし、何よりヒアルロン酸注射には、医師の技術による注入失敗の例もないわけではありません。

つまり、副作用以外の問題があるということですね(>_<)

 

なので、ヒアルロン酸注射を受けたい場合には、大手のクリニックを選択される方がいいと思われます。

 

症例数が多いから医師の熟練度が高いと思われるという点と、妙な混ぜものがなされている心配が少ないという点ですね。
それくらい慎重にクリニック選びは行なった方がいいので、ヒアルロン酸注射を検討している際にはご注意くださいね(#^.^#)

コメントを残す