歯ブラシを使ってほうれい線を消す!?

Sponsored Link

小鼻の横から口元へ向かって伸びるほうれい線。
顔に脂肪があることを感じさせるし、見た目年齢を一気に引き上げることから、今や男性も気にする人が多いですよね(^^;)

stockfoto_96070206_XS

ほうれい線は、顔の筋肉のたるみによってもたらされるため、しわというにはあまりにも深い溝なので、消すとなると簡単にはできません。

皮膚の真皮層にあるコラーゲンを再生させつつ、表情筋を鍛えて顔の筋肉をリフトアップしなければならないので、毎日のケアが必要となるんですね(#^.^#)

 

その方法として、歯ブラシを使ったケアが話題となっています。

caff070c614a1a391bd6007ceefc6819_s

歯ブラシは、毎日の歯磨きで必ず一度や二度は手にするもの。
その際についでにほうれい線を消すためのケアをちょっと入れればいいだけなので、習慣化すればとても簡単なものなのです(*^-^*)

 

やり方としては、歯磨きをした後に、口の中から歯ブラシで、ほうれい線が始まる小鼻のあたりを押せばいいだけ。
徐々に歯ブラシを移動させて、ほうれい線を伸ばすようにずらしていけばOKです。

 

口の周りにある口輪筋という筋肉を刺激することで鍛えるきっかけとなるということなので、口元のたるみやほうれい線の改善に効果的となるようなのです。

 

たったこれだけのことですが、結構も良くなるし、口輪筋を鍛えることでむくみも取れて小顔効果もあるそうなので、意外とその効果は大きいと思いますよ(*^-^*)

見た目年齢を5歳引き下げるためにも、ぜひやってみて下さいね!

コメントを残す