噂の美白成分「ハイドロキノン」の効果とは?

Sponsored Link

美白成分といえば、ハイドロキノン・・・というくらい、ハイドロキノンはメジャーな美白成分です。
そして、実に世界中から注目されている成分でもあるようなんですよ(゚д゚)!

 

なぜ、そうなのかというと、ハイドロキノンの美白効果がとても高いから。
一種の肌の漂白剤といわれる作用をもたらすのです。

 

ハイドロキノンとは

私はちょっと意外な気がしたのですが、ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質だそうです。

 

日本においてのハイドロキノンの歴史はそれほど長くはありませんが、海外においては(特にアメリカにおいては)、ずいぶん前からシミの治療薬として用いられてきたようですね。

 

日本では効能が比較的強度な方なので、2001年の薬事法改正(ちなみに薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という名称です)まで医師の処方箋が必須となっていて、化粧品に使用することは不可でした。

でも、現在は、厚労省の定める濃度内で化粧品に配合することが認められていますね。
安全な範囲は2%とされているようですが。

 

それ以上の4%、5%といった濃度になると、皮膚科で医師の処方が必要となります。

 

具体的なハイドロキノンの美白効果については、メラノサイトの活性抑制とメラニンの生成抑制。
つまり、できてしまったメラニンを漂白(淡色化)する効果と、メラニンが作られないようにする予防効果の両方を併せ持っている成分なのです。
しかも、その効果は非常に高いといわれています。

 

どれほど美白効果が高いのかと言うと、コウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。
すごいですよね(゚д゚)!

 

それだけに副作用も心配されますし、正しく使わなければ、肌に別の問題がもたらされることになるのです。。。

その点についてはまた述べさせていただきますね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す