皮膚科で処方してもらうハイドロキノンクリームとは

Sponsored Link

シミ対策の必須アイテムのハイドロキノン。
シミの原因であるメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)をブロックすることでメラニンの生成を抑制し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の機能を低下させる作用があるため、シミ治療に最も効果的な成分といわれているのですが、それゆえに肌への刺激性が心配される成分です。

 

故に、ハイドロキノンは濃度を意識して使う必要がありますね。

 

皮膚科で処方されるハイドロキノン
ハイドロキノンクリームは市販でも購入できますが、その場合は濃度が4%以下に抑えられています。
また厚労省の定めた規定により、化粧品に配合してよい濃度は2%といわれているようですね。

118165

ハイドロキノンは効果が高い分、「肌が赤くなる」「ヒリヒリする」などの副作用がでる場合があるので、肌の弱い方や肌トラブルがある方が使用を希望する場合は、特に皮膚科などの医療機関で説明を受け処方してもらう必要があるのです。

 

皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンクリームの濃度は、5%までが適当といわれています。
中には10%に近い高濃度のハイドロキノンクリームを処方するクリニックもあると聞きますが、一部で高濃度のハイドロキノンに発がん性があると指摘する声も上がっているため、5%以内に収めているクリニックが多い感じですね。

 

また、皮膚科においては、シミ取りのレーザー治療を行なった場合にハイドロキノンクリームを併用しています。
Women who are taking stains on the face

この組み合わせは最強のシミ取り方法。

それだけに、ハイドロキノン 使い方でご紹介しているような正しい使い方を守らなければいけませんね(#^.^#)

コメントを残す