角質肥厚を引き起こす原因を理解しておきましょう!

Sponsored Link

マイクロダーマブレーションなどのスペシャルスキンケアが必要とされるのは、肌が角質肥厚を起こしてしまった場合と考えられます。

角質肥厚とは、文字通り角質が硬く厚くなってしまった状態。
肌が乾燥や摩擦などによりターンオーバーが行われなくなり、古い角質がたまることによってゴワゴワとした肌になってしまうのです。

 

これって、肌の防衛反応の結果なのだとか( ゚Д゚)!
乾燥により危機感を感じた肌が、防衛反応として水分をため込むために古い角質層を離さず分厚くしてくんですね(^^;)

 

その乾燥をもたらす原因と考えられているのが、紫外線ダメージや摩擦によるダメージ。
こうしたダメージによって乾燥した肌は、厚く重なることで肌を守ろうとするわけですね(>_<)

 

では、角質肥厚になると何がいけないのでしょうか?
その影響は様々な肌トラブルとなって現れてくるのです。

 

●大人ニキビ
肌のターンオーバーが滞り角質肥厚が起きてしまうと、溜まった古い角質が毛穴に詰まるようになてしまいます(>_<)
そこに皮脂が過剰に分泌されてたまってしまうと、詰まった毛穴の中でアクネ菌が繁殖しニキビができてしまうわけですね( 一一)

 

毛穴の黒ずみ
角質肥厚は毛穴の溝を深くしてしまいます。
すると、その溝に角栓や汚れがたまりやすくなり、毛穴が詰まってしまうんですね。

そして、先に触れたようにニキビができることもありますし、ニキビができなかったとしても、詰まった角栓が酸化することで毛穴の黒ずみになってしまうわけです。

 

シミ
紫外線ダメージや摩擦ダメージは肌にメラニンの生成を促してしまいますが、そこに角質肥厚が起きていると、そのメラニンが代謝によって排除されないために肌に沈着してしまいます(>_<)

これはシミや黒ずみとして残ってしまうことを意味します。
乾燥によってゴワゴワになっているところにシミや黒ずみができるわけですから、透き通るようにみずみずしい理想の肌とは正反対の肌になってしまうわけですね”(-“”-)”

 

このような肌トラブルを起こさないようにするためにも、角質肥厚は予防対策を取らなければなりません。

ピーリングはその予防対策には有効な一つの手段になりますが、だからと言ってピーリングばかりを繰り返していると、今度は肌細胞が未発達な不十分な状態で角質を形成することになり、外部からの刺激にも弱い肌になってしまいますので、あくまでも週に2度までのスペシャルケアだと思ってくださいね(#^.^#)

コメントを残す