角質肥厚は毛穴を詰まらせる!

Sponsored Link

絶えず生まれ変わっている私たちの肌。
いくら年齢肌で代謝が落ちてきているといっても、日数がかかっても一応生まれ変わってくれているので、ありがたいですよね(^^;)

 

しかし、生活習慣の乱れやストレス・ホルモンバランスの乱れなどによってそのサイクルが乱れ、古い角質が肌に残ってしまうことがあります。
この結果、起こってしまうのが「角質肥厚」。
文字通り、角質層が厚く肥えてしまった状態です(>_<)

美容 イメージ

皮膚が厚くなってちょっとザラザラするくらいいいか・・・と思わなくもないのですが、この角質肥厚は、放っておくと肌にとってさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます(>_<)
どういうことかというと・・・

 

角質肥厚による肌トラブル

  • 角質が厚くなった状態の肌は、毛穴の溝が深くなり目立つようになるだけではなく、そこに汚れや皮脂が溜まり、毛穴の黒ずみができてしまう
  • 皮脂が分泌される出口となる毛穴が古い角質で塞がれることでニキビができてしまう
  • 厚くなった角質をそのままにしていると、ターンオーバーが乱れて色素沈着を起こし、メラニン色素の排出が滞ってシミができる
 

さすがにこんなことになるなら放っておけませんよね(>_<)

 

角質肥厚の予防・改善策

そもそも角質肥厚にならないようにするためには、紫外線ケアをしながら、肌が乾燥しないように保湿する必要があります。

 

先にご紹介した生コラーゲン美容液を活用してスキンケアするのも保湿対策の一つ。
この保湿対策も若い頃からの一律ケアではなく、年齢に合わせてシフトしていかなければいけませんね(#^.^#)

 

そして、角質皮溝を改善する方法ですが、一般的に考えられるのが洗顔とピーリングです。
洗顔は毎日行うものですが、その合間のスペシャルケアとして、ピーリングを活用するのもいいですね(*^-^*)

コメントを残す