美白成分の一つ「カミツレエキス」の毒性について

Sponsored Link

美白成分として化粧品に配合されている成分の一つに「カミツレエキス」というものがありますが、これはどのような成分なのでしょうか?

 

カミツレエキスとは?

カミツレエキスとは、キク科の植物「カミツレ」の花から抽出されたエキスなのですが、カミツレよりも「カモミール」という英名のほうが私たちにはなじみが深いでしょうか(#^.^#)

「カモミールティー」などにみる、あの「カモミール」ですね。

d2964d9b12dd717afb0dc5f95e3f05b1_s

このカミツレエキスは、化粧品メーカーによっては「カモミラエキス」「カモミールエキス」などの名称で表記されることもある成分。
大手化粧品メーカーの花王では「カモミラET」という名称で使用されていますね。

 

効果効能としては、 優れた美白効果と抗炎症作用(消炎効果)があり、1999年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省に認可されています。

 

カミツレエキスの美白効果

では、具体的にカミツレエキスの美白効果がどのようなものかというと、他の多くの美白成分と同様、メラニンの生成を抑制する予防的美白効果で、メラニンを生成する色素細胞(メラノサイト)を活性化するエンドセリンという情報伝達物質の働きを阻止する働きがあります。

 

つまり、うっかり紫外線を浴びてしまった場合でも、メラニンが作られないように予防してくれるわけですね。

 

また、カミツレエキスには美白効果のほかにも保湿性、抗炎性、養毛効果、収斂作用、殺菌作用、血行促進、充血除去、かゆみ止めなどの効果があるといわれているため、乾燥による肌荒れ防止化粧品やニキビなどの皮膚炎から肌を守る化粧品、さらには育毛剤や染剤、入浴剤などにも広く配合されています。

 

エキスの安全性について

ただ、これだけの効果が期待できるカミツレエキスですが、問題は敏感肌にも使える成分なのかどうか?ですよね(#^.^#)

 

この点については、大昔から薬草としても使用されており、お茶の素材の花から抽出されるエキスなので、毒性は低く安全性の大変高いといえそうです。

基本的には、赤ちゃんにも使用できる成分ということのようですね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す