気になるシミの一つ「肝斑」とは?

Sponsored Link

女性にとって気になるシミの種類に「肝斑」というものがありますよね。
でも、肝斑が普通の「シミ」といわれている老人性色素斑とどのように違うのかなど、どのくらいの人が知っているのでしょうか?

 

肝斑には肝斑に有効な対処方法もあることなので、きちんと理解しておきたいですね(*^-^*)

 

肝斑とは

肝斑とは、私たち女性の頬骨あたりに左右対称にできることの多いもやもやっとしたシミです。

30歳~40歳くらいの女性に多く見られ、その年代の人にとっては大きな悩みのタネとなっているのです(>_<)

 

聞くところによると、日本人の肌質上、肝斑がとてもできやすいとされているようで、中でも皮膚の色が白い人よりは、浅黒い人のほうができる可能性が高いのだそうです(゚д゚)!

 

また、妊娠時期に現れることもあるようですね。
だいたい妊娠初期(2~3ヵ月)ごろに見られ、出産後に消える場合が多いですが、ときには長い間肝斑が消えなかったり、跡が残ることもああるといわれています。
私も妊娠期にうっすら肝斑ができましたが、幸い出産後徐々に消えていきましたね(#^.^#)

 

また、肝斑ができるタイミングは、経口避妊薬のピルを服用しているときや、閉経した直後だったり。
つまり、肝斑ができてしまう原因として考えられるのは、「女性ホルモン」の影響のようなのです。

 

しかしそれだけではなく、紫外線を浴びることによって悪化してしまうと考えられており、太陽に光に当たれば当たるほど肝斑が濃くなってしまうことがあります。

 

対処法としては、ハイドロキノン 化粧品でご紹介しているクリームや、即効性はありませんが、肌に良い成分であるビタミンEの摂取、そしてケミカルピーリングをすることが効果的とされています。

 

また、肝斑はレーザー治療すると悪化してしまう恐れがあります。
そのため、根気強く付き合っていくことが治療の近道とされていますね。

コメントを残す