肝斑に効く化粧品のおすすめは?

Sponsored Link

肝斑というシミ。
薄い茶色ではありますが、もやっと広い範囲に表れるので何とか消したいものですよね(>_<)

 

これを治療として皮膚科に通うのであれば、保険適用外ではありますが、トラネキサム酸配合の内服薬が処方されます
このインナーケアも即効性はないものの、じわっと効いてくるのでかなり有効。
でもそれだけではなく、外側からもケアして効果を高めたいので、肝斑染みを薄くしてくれる化粧品でスキンケアしたいと思います( `ー´)ノ

 

それには、シミに対する漂白効果が高い「ハイドロキノン」がやっぱりおすすめです♪
それほど高濃度ではないハイドロキノンが配合されている化粧品で安全にケアしていきましょう。

 

でも、もっと高い効果を求めるならば、もっと高濃度のハイドロキノンをトレチノインとセットで使うのがベストです。

ハイドロキノンの漂白効果と、トレチノインのピーリング効果。
これによってメラニンが沈着した部分の角質をオフし、ターンオーバーを促すことによって新しい皮膚を定着させます。

 

トレチノインは、化粧品として販売されておらず、医師の処方が必要となりますので、やはり皮膚科で相談されるのが一番無難ですね(^^;)
それくらい肌への刺激性は強い成分なので、慎重に行なってもらいたいなと思います。

P1010626

また、ハイドロキノンとビタミンCとの併用もよくある効果的な組み合わせです。
4%までのものなら市販で購入できますので、肌が弱くはないよという方は試してみて下さい(*^-^*)

スポンサードリンク

コメントを残す