肝斑って予防できるの?

Sponsored Link

30~40代の女性に多く見られ、頬や鼻あたりに左右対称に大きく浮き出てくる肝斑。
その原因については、肝斑とはでご紹介しているように、女性ホルモンが大きく関係しているとはいえ、解明し切れていない部分があるようですね(^^;)

ということは、出てきても諦めるしかない防ぎようのないシミということでしょうか?
それとも、何か予防する手立てがあるのでしょうか?

d27ed7c5965ba1f06b7215a4ebed96b8_s

実は調べてみると、予防する方法がいくつか見つかりました!
それほど難しいことではなく、普通のシミ予防と重なる部分が多くありましたのでご紹介しますね(*^-^*)

 

肝斑の予防方法

肝斑はその性質上、予防する方法としては次のようなことが挙げられるようです。
    1. 紫外線を浴び過ぎないよう日焼け止めや日傘、サングラスなどでUV対策をする
    2. 洗顔やメイクの際に肌を擦らないようにする
    3. ストレスとならないよう夜更かしをしないようにし規則正しくぐっすり眠る
    4. 女性ホルモンのバランスを崩さないよう補給する
 

まずは、一般のシミと同じように、紫外線対策が必須なようです。
これは、肝斑はいわゆる「日焼け」といわれる老人性色素斑とは区別されるものとはいえ、紫外線によって悪化することがわかっているからです。

日中の外出時はもちろんのこと、室内にいる際も紫外線A波は確実に肌に届きますし、車に乗っているときも窓ガラスを透過して肌は紫外線ダメージを受けてしまいます。

「外に出ていなければ大丈夫」と油断しないよう、SPF30程度の日焼け止めを塗るなどしてしっかり紫外線をシャットアウトしましょう♪

 

また、今話題の飲む日焼け止めでインナーケアをするのも有効な対策ですね!
両方で対策すれば万全といえるかもしれません(*^^)v

>>>飲む日焼け止めサプリ P.O.L.C. [ポルク]

 

そして、美容のプロによると、一番注意しなければならないのが、普段のスキンケアにおける摩擦ダメージだそうです。
洗顔時やメイクでファンデーションを塗るときなど、私たちは思いのほか肌を擦ってダメージを与えているのだとか(゚д゚)!

摩擦による刺激は、他のシミと同様、肝斑も悪化させますので、肌を触るときは「そっと触る」よう意識していきましょう。

 

また、美容において寝不足は心身ともにストレスとなる大敵といわれています。
肌の修復を図る新陳代謝(ターンオーバー)やホルモンバランスの調整、ストレスのリセットはすべて睡眠時、それも脳と体がともに休止状態になるノンレム睡眠時に活発になることが明らかなので、時間とともに睡眠の質にもこだわってぐっすり眠るようにしましょう(#^.^#)

 

そして、肝斑独特なのが、4番目の女性ホルモンに関する対策です。

女性の美にとってとても重要な役割を果たす女性ホルモン「エストロゲン」は、40代になると卵巣機能の低下とともに分泌量が急速に減少するといわれています。

 

このホルモンバランスの変化は、肝斑の発生に大きく関与しているそうです。
私のような年代に肝斑が濃く浮き上がってくるのも、更年期というホルモンバランスが崩れやすい時期であることが大きな原因であるということですね。

 

なので、減少するエストロゲンを補う意味でも、引いては肝斑を予防するためにも、エストロゲン様の作用をしてくれる大豆イソフラボンを補給するよう心がけましょう。
c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s
それには、食品として大豆そのものや豆腐、納豆、味噌などの大豆製品を多く食べるのも一つの方法ですが、「私はそんなにたくさん食べられない」という場合は、サプリメントで補うというのも一つの手として考えられます。

好き嫌いやカロリーを考えるなら、サプリメントの方が負担は少ないかもしれませんね(#^.^#)

 

女性ホルモンを補給する際の注意点

但し女性ホルモンを補給する際には、気をつけなければならないことがあります。
それは、大豆イソフラボンはそのままでは私たちの身体に有効に吸収されず、エストロゲン様の作用を及ぼしてはくれないという点です。

大豆イソフラボンがエストロゲン様の働きをしてくれるには、腸内でイソフラボンが有効な形に変換されなければならないのです。
そのためには、エクオールという腸内菌が必要なことがわかっているのですが、それを体内に保持している女性は日本人の場合は2人に1人なのだそうです(゚д゚)!

 

つまり、女性の2人に1人はいくら大豆製品を多く食べたとしても、女性ホルモンの補給にはなっていないということ。
これでは何も意味がありませんよね(>_<)

 

しかも、自分が腸内にエクオールを保持しているかどうかはわからない・・・

 

なので、大豆イソフラボンを補給する場合には、念のため、あらかじめ吸収しやすいように変換された形のイソフラボンを補給するようにしましょう( `ー´)ノ

それなら安心ですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、醤油づくりのプロであるキッコーマンから発売されている女性用サプリ「基本のサプリ」です♪

P1010670

このサプリに配合されている大豆イソフラボンは、エクオールによる変換を必要としない即吸収される形の「アグリコン型イソフラボン」です。

 

そして、イソフラボン以外にも葉酸やぶどうポリフェノール、ビタミンDなど女性に嬉しい成分がたくさん配合されているのです。

まさに40代以降の女性に最適なサプリメントといえますね♪

 

これらの成分は、更年期の症状を予防する対策にもなりますので一石二鳥です。
それくらい女性ホルモンのバランスは重要ということなのです( `ー´)ノ

ぜひ、肝斑の予防だけでなく、全般的な体調管理のためにも試してみて下さいね(*^-^*)

コメントを残す