乾燥肌の人はクレンジングに要注意

Sponsored Link

私たちは「スキンケア」というと、つい塗る化粧品にばかり意識を持っていきがちなのですが、本当はクレンジングに一番神経を使わなくてはいけないのだそうです。

特に乾燥肌の人こそ、クレンジングが要注意だとか( ゚Д゚)!

なぜならば、スキンケアの中でクレンジングという行為が一番肌を傷める可能性があるからなんです(>_<)


その理由は、クレンジングに含まれる「界面活性剤」だそうです!

界面活性剤とは?

食器洗い洗剤や洗濯用洗剤に配合されている界面活性剤は、本来混ざらないはずの水と油を混ぜ合わせる「乳化」という作用を使いながら汚れを落とします。
ジョイ

その洗浄力の強さは、日々家事をしている主婦ならだれでも知っていますよね。

この強い洗浄力を持つ界面活性剤が、メイクを落とすクレンジングに含まれているとしたら・・・?


そう、ほとんどのクレンジング剤に含まれているのです( ゚Д゚)!
特にしっかりメイクを落とすクレンジング剤にはほぼ必ず。


だから使いすぎると、汚ればかりか肌に必要な角層の潤い成分まで根こそぎ奪われてしまうことになるのです。


怖いことでしょ?
肌を傷める危険がいっぱいでしょ?


では、どうすればいいのか?クレンジングを行わないの?

そういうわけにもいきませんよね。
洗浄力の弱いもので洗ってメイク汚れが毛穴に残ってしまったら、それはそれで別の肌トラブルになってしまう・・・



これに対処するには、肌に負担をかけないように、擦らず短時間でメイクオフする必要があるとのことです。
特にオイルクレンジングを使う場合は頻度も考えた方がいいとか。


また、必要な箇所だけに使うという配慮も必要なようですね。

例えば、目元にポイントメイクとしてしっかりメイクを行った場合は、肌全体にクレンジング材を広げるのではなく目元だけに使用する・・・という感じ。

これなら負担は少なくて済みますよね(#^.^#)



メイクは女性にとってキレイな自分を演出する楽しみの一つでもあるので、一切やめてしまうのは困りますよね。

だから、少しでも肌の負担を減らすようなやり方を探りつつ楽しんでいきましょう( `ー´)ノ

コメントを残す