乾燥肌に危険な洗顔とは

Sponsored Link

以前、乾燥肌 クレンジングの記事で、クレンジングという行為が一番肌を傷める可能性がある・・・とお話ししましたが、実は洗顔もそれと同様、肌を傷める可能性のある行為なのです。

それはなぜか?

洗顔の際に使う洗顔料によって、肌の潤い成分までが洗い流されてしまう可能性があるからです。

肌の潤い成分

私たちの肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質80%、天然保湿因子(NMF)が18%、皮脂が2%を担っているといわれています。

これらの成分は、水分と油分のバランスをとりながら「バリア機能」をなし、肌細胞が保持した水分を逃がさないように、また外部からの刺激に影響されないように肌を守っています。


しかし、クレンジングや洗顔といった行為で流れ出てしまうことが多く、そうなると肌は乾燥状態となってしまいます。
すると、
1.バリア機能が低下しているため外部の刺激によって肌荒れを起こす
2.肌が乾燥状態に危険を感じて皮脂の過剰分泌を促すため脂っぽくなる



特に皮脂が過剰分泌されてベタベタした状態になると、またそれが気になり洗顔することになります。


・・・そんな悪循環を起こしてしまうんですね(>_<)


故に、乾燥肌の人は「洗い過ぎ」に最も注意しなければいけません。

通常、メイクを落とすために夜はしっかり洗顔を行なう必要がありますが、朝は寝ていただけなので、特に洗顔料は必要ないはずです。

私も行なっていますが、朝はさらっと「水洗顔」で済ませてはいかがでしょうか。
洗顔料を使わなくたって、全然問題ないですよ♪

夜、洗顔で奪われた皮脂などの保湿成分が寝ている間に回復しますので、それを朝再び洗い流して乾燥を招かぬよう、朝の洗顔時には洗顔料を使わないようにしましょう。


初めは何か物足りない感じがするかもしれませんが、絶対その方が肌の状態がいいんです!

要は「慣れ」の問題ですよね(*^-^*)

コメントを残す