乾燥肌に起こる炎症を抑えたい

Sponsored Link

この冷たい季節、乾燥による肌トラブルが多々起こりますが、お肌が乾燥すると痒くなり、無意識にかきむしる事が増え、それが酷くなると炎症を起こしてしまいます(>_<)

081970

皮膚に起こる炎症の原因は部位によって違いますが、おもに皮膚が薄くなる事によって、肌がダイレクトな刺激を受けるのが原因だそうですね。

 

乾燥による炎症が起こってしまった場合の対処
そんな炎症が起きてしまった時、塗ると炎症が抑えられ治りが早くなる薬は、6つあります。
  • オロナインH軟膏
  • リンデロンvg軟膏
  • ラナケイン
  • ワセリン
  • ヒルドイド
  • タクロリムス外用薬
 

 

これらは、保湿目的のものから炎症を抑える効果を持つものまであり、それぞれの症状に応じて使う物が違います。
自分のかゆみにはどれがいいのかわからない場合などは、かきむしって炎症を起こす前に病院に行く方がいいですね(^^;)

 
乾燥による炎症を起こさない対策
炎症を起こさないためには、毎日のスキンケア・バランスの良い食事・運動や十分な睡眠・ストレス・湿度を高く保つ事が大切になります。

 

しかし、間違ったスキンケアをしている場合があります。
それは、例えばこんなこと・・・
125479
  • お風呂でのゴシゴシ洗いや洗い過ぎ
  • お風呂上がりの拭き残し
  • 化粧水だけの保湿ケア
 

特にお風呂上がりの保湿については、私も最初知らない時は、化粧水だけを塗って「これで保湿は大丈夫」と思っていましたが、化粧水を塗るだけではなんの意味もなく、化粧水後に水分が逃げないようにクリームを塗らないとダメなんですね。

それは顔もボディも同じこと。

 

このきちんとクリームまでを実践すれば、まず炎症は防げますし、乾燥肌とサヨウナラすることも夢ではありませんね(*^-^*)

コメントを残す