全身が乾燥肌の人は入浴に問題あり!?

Sponsored Link

「もともと肌質が乾燥肌」という人は、ほぼ全身の肌が乾燥肌なのですが、もしかしたらそれは、毎日何気なく行なっている入浴方法に原因があるのかもしれません。


それは乾燥肌 ボディソープでご紹介したような、ボディソープの洗浄力や乾燥肌に良くない体の洗い方といった問題ではなく、もっと単純に湯船につかる際の方法についてなのです。
stockfoto_66139621_S


どういうことなのか・・・というと、ズバリ「熱めの湯につかる」という行為です。


これから寒くなってくると体をよく温めたいがために、熱めの温度に設定した湯に入るという人が多くなりますよね。
また好みとして「熱めの湯が好き」という人も多いかもしれません。


しかし、これは肌の潤い成分を失っていくことにつながる行為なのです( ゚Д゚)!



ちょっと食器を洗浄するときのことを思い出していただきたいのですが、油ものを食べた後の食器洗いはお湯で洗ったほうが汚れが落ちやすくありませんか?

これと同じことが肌でも起こるんですよね(>_<)

洗剤を使わなくたって、熱めお湯はぬるめのお湯よりも肌の皮脂や天然保湿因子などのうるおい成分を洗い流してしまう・・・



それに熱めの湯に入った後、肌が赤くなっているとしたら、それは軽い軽いやけどと同じ状態だともいいます。
それは肌にとって刺激以外の何物でもありませんし、肌は上昇した温度を下げるためにどんどん水分を蒸発させてしまうことにもつながります。


さらにいうならば、熱めの湯に入ることによって肌が刺激され、かゆみ物質であるヒスタミンが分泌されることだってあります。
熱めの湯に入った時に痛痒いような感じがするのはまさにこれですね(>_<)

ご承知の通り、かゆみは「掻き毟る」という行為を呼ぶため肌にとってダメージとなる厄介なもの・・・



ね?
熱めの湯に入るという入浴方法は肌にとって良いことは何もないでしょ?


なので、乾燥肌の人は特に、お風呂に入る場合はぬるめの湯につかるようにした方がいいんです( `ー´)ノ


おすすめは「半身浴」。
ぬるめの湯につかってさっと上がってしまっては、体が温まることはありませんので、これからの季節は辛いですよね(>_<)
風邪だって引きかねません。。。


だから、体を芯から温めるためにも、ぬるめの湯にはじっくりゆっくり使ってください(#^.^#)
15分ほども浸かれば、うっすら汗をかくくらいにぽかぽかしてきますよ♪


私のおすすめは、この時間を利用して髪のトリートメントとかお肌のパックをすること!
これをやりながらぼーっと浸かっていると心からリラックスできますし、時間が苦になりませんよ( ̄▽ ̄)


キレイになっていく時間だと思って楽しんでくださいね(^^♪

コメントを残す