乾燥肌におすすめのクレンジングとは・・・

Sponsored Link

間違ったスキンケアや化粧品選びで乾燥肌になってしまうことがありますが、その中で最も大きな原因となってしまうのが、クレンジング剤の選び方と使い方です。

 

クレンジングという行為自体が、どれくらい肌に負担となるものなのかについては、乾燥肌 クレンジングで、界面活性剤を例に挙げてご紹介しました。

本当にクレンジング剤の選び方とやり方次第では、1~2日で乾燥肌が出来上がってしまうくらい、注意が必要なスキンケアの過程なのです( 一一)

 

乾燥肌のクレンジング選びと使い方
洗浄力が強くて必要な皮脂まで落としてしまうようなクレンジングを使用して、ゴシゴシ力を入れてメイクを落とすと、肌に負担がかかり過ぎ、肌表面の角質層が傷ついて水分を保持できなくなり、もともと普通肌の人でさえ乾燥肌になってしまいます。
まして、乾燥肌質の人がそんな洗い方をしたら・・・(゚д゚)!

hirameki

乾燥肌の人は正しいクレンジング選びをしてこれ以上乾燥が悪化しないように注意が必要です。

では、どのようなものを選べばよいのでしょうか?

 

乾燥肌の人におすすめのクレンジングとは、優れた洗浄力はあるものの刺激は弱いもの。
アルコール、界面活性剤、防腐剤、化学添加物、香料など肌への負担が考えられるような成分の配合ができるだけ少ないものを選びましょう。

 

クレンジング剤の形状としては、シート、ジェル、オイル、ミルク、石鹸などがありますが、肌に優しいミルク、クリーム、石鹸がおすすめ。
ただし、そういったクレンジング剤は刺激が少ないため洗浄力が強くないので、アイメイクなどは部分的に専用クレンジングで丁寧に落としたほうが良いでしょう。

06acc1d018c7e832c6561680f1d355f2_m

具体的なブランド名をあげるなら、乳液タイプは、テラクオーレやカバーマーク、クリームタイプは、ヴェレダやトリロジー、石鹸では、ドクターケイ、神戸トランスパランなどがおすすめです。
香りも使い心地もそれぞれ違うので、まずはいろいろ試されるといいかなと思います(*^-^*)
お好みのものが見つかるといいですね♪

コメントを残す