乾燥肌が痛い場合

Sponsored Link

乾燥肌のタイプにもいろいろありますが、中には洗顔時にピリピリしたり、風にあたったときにヒリヒリしたりすることがあります。
これは、菲薄化といって皮膚の角質層が薄くなっている証拠
ビニール肌」と呼ばれることもある状態・・・敏感肌になっていることを意味しているのです(>_<)

美容 イメージ

 

菲薄化の原因

皮膚が薄くなる、または角質層が薄くなると、皮膚の水分量が低下するため乾燥肌となってしまいますが、同時にバリア機能も低下しているため、外部の刺激が肌の深層部に直接届くようになってしまっています。
故に、敏感肌にもなっているということですね。

肌がこのような状態になる原因は、ズバリ、行き過ぎたスキンケアのせい。
ターンオーバーを促すピーリングをやり過ぎたか、刺激の強い化粧品でのケアをし過ぎたかによるようですね(>_<)

 

というのも、ターンオーバーが早過ぎると、角質細胞がしっかり育ちきらず、未熟なままで角質層を形成します。
未熟な角質層では、皮膚がとても薄い他、水分保持もバリア機能も十分には効果を発揮できないんですね。
だから、水にピリピリしたり、風にヒリヒリしたり(>_<)

乾燥肌であり敏感肌でもあるこの状態は、皮膚の一番危うい状態ですね。

 

痛い肌への対処方法

このように、肌が薄く敏感肌になっているとき、様々なお化粧品であれこれケアするのは反ってマイナスになります。

こういう場合は、とにかく保湿!
痛くて仕方がないときは、化粧水すらやめてワセリンのみでケアするようにしましょう。

 

ワセリンの種類と使い方については、乾燥肌 ワセリンで詳しくご紹介しているので、参考にしてみて下さいね(*^-^*)

 

そしてある程度痛みが治まったら、肌にやさしい低刺激の化粧水+ワセリンのケアを。
もっと角質層がしっかりしてから、普通のスキンケアに戻すようにしましょう。

 

そもそも、こうならないためにも、ピーリングは頻度を考えて行なうべきですし、乾燥肌の人は特に刺激の強い化粧品は使わない方がいいですね。。。

コメントを残す