乾燥肌で皮膚がうろこ状になる!?

Sponsored Link

もともと乾燥肌の人で、スネにカサカサとしたかゆみを伴う乾燥が起きる人は多いですが、中には皮膚が硬くうろこ状になる人もいるようです。

 

この状態は、「尋常性魚鱗癬(じんじょうせいぎょりんせん)」という皮膚病の一つで、遺伝的な要素が色濃く反映するとのこと。
乾燥肌だからといって誰でもなるようなレベルではないようですね(>_<)

 

状態としては「うろこ状」という表現がぴったりの模様ができるほど乾燥し、肌が魚のうろこみたいな形でカチカチに薄くひび割れるんです。
子供にもこういう足の子がいると聞きますので、痛々しい限りですよね。。。

 

では、なぜこのような状態になるのかというと、角質の増殖のスピードが早くなり、それにもかかわらず、角質が固着し、はがれるのが遅れるから・・・だそうです。
鱗屑(りんせつ)という、ポロポロとした角質が剥がれ落ちたりするらしいですよ。
ちょっと痛々しいですね(>_<)

 

この「尋常性魚鱗癬」になってしまったら、もはや自宅でのスキンケアで何とかなるレベルではありません。
皮膚科を受診すれば、必ずしかるべき薬を処方してもらえますから治療を受けて下さいね( `ー´)ノ

コメントを残す