乾燥肌と化学繊維の相性

Sponsored Link

寒い冬場の季節には、軽くて保温性が高いことから衣服に化学繊維が使われることが多いですよね。

 

化学繊維といえば、石油などから化学的な合成や加工によって作られる繊維で、ナイロンポリエステルアクリルなどがあります。
また、レーヨンキュプラのように天然繊維を薬品処理して作った再生繊維というものもありますね。

 

最近の化学繊維は布としての性能がグンと上がり、コスト的にも安価な商品が作られるようになったため、私たちの身の回りには普段着からおしゃれ着まで化学繊維の衣服があふれています。

ポリエステル

でもこの化学繊維、乾燥肌にとってはちょっと相性が良くないんですよね(>_<)


 

化学繊維が乾燥肌によくない理由

化学繊維は年々性能が進化しているため、最近では吸湿性にも速乾性にも優れているものが出回っていますし、軽くて保温性に優れているので冬場の衣類には重宝がられています。

 

しかし、独特のチクチク感が気になる人も多く、ちょっと敏感な肌の人は長時間着用していると、肌にかゆみを感じたりすることもあるようです。
乾燥肌の人はほぼ間違いなく、なにがしかの不快感を感じるようですね(>_<)

 

またもう一つ、乾燥肌の人にとって困る点が、化学繊維は静電気をためやすいということです。。。
肌が乾燥しがちな人にとって静電気のパチッという刺激は恐怖以外の何物でもないのですが、化繊の服を着ていると必ずと言っていいほど静電気が発生するんですよね( 一一)

 

だから、使いやすいのはわかってはいても、乾燥肌の人にとっては化学繊維は多用できないのです。。。

 

相性からいえば、乾燥肌 インナーでご紹介したように、乾燥肌の人にはコットンや麻やシルクといった自然繊維(天然繊維)がおすすめ♪

ファッション性も機能性も大事ですが、肌のことを考えると、化学繊維の服はあまり気ないほうがよさそうですね”(-“”-)”

コメントを残す