乾燥肌にはボディソープより石鹸がいいの?

Sponsored Link

一説によると、「ボディソープ」より「石鹸」の方が肌に優しいから、乾燥肌の人は「石鹸」を使うべき・・・と言われているようですが、これは本当なんでしょうか?

個人的には、「固形石鹸で洗ったほうが肌がパリパリした」という記憶があるのですが。。。

ちょっと疑問に感じましたので、今回は石鹸に関するあれこれをまとめてみたいと思います( `ー´)ノ

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

ボディソープと石鹸の違い

同じ体を洗う洗浄成分でも、ボディソープと石鹸は違います。
いろいろ成分的な細かい部分はたくさんあるのですが、一番大きな違いといえば、界面活性剤のようですね。

 

界面活性剤というのは、簡単に言うと、本来混ざらない水と油を混ざりやすくするために両者をつなげる役割をするものです。
特に洗剤をたとえに出されるため誤解されやすい部分がありますが、これ自体別に悪いものではなく、アイスクリームにもドレッシングなどの食べ物にも含まれています。

私たちの生活には、界面活性剤がないと成り立たないものがたくさんあるようですよ(#^.^#)
ただ、問題は、その界面活性剤の種類。

 

例えば、ボディソープは液体で泡立ちも早く使い心地がよいのでついついこちらを選んでしまいがちですが、多くのボディソープに使われているのは、石油系の界面活性剤
合成界面活性剤と言われるものですね。

これは強力で、いつまでもぬるぬると肌にとどまって潤い成分をたくさん洗い流してしまいます(>_<)

125479

一方、石鹸に含まれているのは、石油系ではない界面活性剤
肌に残らない洗浄剤ですね。
だから、体を洗う時もサッと流れて行ってしまうので、肌の潤い成分が流れ出す量も少なくて済むんですね。

この理由から、石鹸のほうが肌に優しいといわれているようです。

118165

とはいえ、もちろん、石鹸にもアルカリ性である点など肌の刺激になる部分はあります。
それに、枠練り石鹸という手間暇かけた石鹸ならば肌に優しいけれど、大量生産で作られた機械練り石鹸だとそうでもない・・・といった種類もあります。

枠練り石鹸というのは、結構高額だったり・・・w

 

ということは結局、傾向としてボディソープより石鹸のほうが肌に優しいというだけで、最終的にはモノによる・・・という結論になります。

 

石鹸ならすべてOKというわけではないし、ボディソープならすべてNGというわけでもない。

 

だから、乾燥肌におすすめのボディソープでご紹介したような「ミヨシ石鹸のボディソープ」や「ケアセラ」のように質の良いものを選べばいいということです。

 

使い勝手としては、断然石鹸よりボディソープのほうがいいですもんね(^^♪
きちんと肌に優しい成分のボディソープを選んで使っていこうと思います!(^^)!

 

いずれにしても、ボディソープも石鹸もよいものとそうでないものを見極めなければいけないということ・・・それがよくわかりました\(^o^)/

コメントを残す