乾燥肌の手荒れがひどいときは・・・

Sponsored Link

乾燥肌の人が乾燥の季節に起こす肌荒れには、目を覆いたくなるような重症のものもあります。。。
これは本当に痛々しいほどのものなんです。

 

それでも仕事をしなければいけなかったり、主婦ならば子供のお世話や水仕事を伴う家事があります(>_<)
少しでも痛々しい手が改善されるようなケアがしたいですよね。

 

そんなひどい手荒れのケアには、当サイトでもたびたびご紹介している「ワセリン」を活用しましょう!

 

ワセリンは、化粧品すら受け付けなくなったような超敏感肌の保護にも用いられるものです。
病院でもアトピー性皮膚炎をはじめ湿疹や乾燥肌のスキンケアに処方される保湿剤なので安心ですよ♪

 

油分がメインなので少しベタベタするかもしれませんが、バリア機能が破たんし外部からの刺激をもろに受けてしまう状態の肌を保護するには最適な保湿剤です。

ハンドクリームでケアできる状態にまで回復させるためにもぜひ活用しましょう(#^.^#)

 

<ワセリン活用のポイント>

  • 入浴直後の軽く水分をふき取った肌にすぐつける
  • 日中につける場合には、直前に化粧水や美容液を含ませてからつける
  • ワセリンは手のひらで温めてから塗る
 

上記のような使い方をするワセリンですが、購入しようとするといくつか種類があることに気づきます。
白色ワセリン、プロペト、サンホワイトですね。

 

これらは精製の度合いによってお値段が違っており、サンホワイトに至っては白色ワセリンの2~3倍のお値段がします。
目元などの微妙な部位のケアに使う場合以外は、白色ワセリンで十分ですので、一つ買っておくと重宝しますよ(#^.^#)

白色ワセリン

コメントを残す