乾燥肌の粉吹きケア

Sponsored Link

乾燥の季節に男女ともに悩む症状の一つが、身体のいろいろな部分でみられる粉吹き

 

粉吹き肌とは、肌が乾燥して白っぽく粉を吹いた状態のことをいい(専門的には角質層の落屑というのだそうです)、肌が乾燥しているのにケアしなかったり、忙しいからとケアをなまけいるとできてしまいますね。

 

この状態で放っておくと、乾燥肌 うろこでご紹介したような「尋常性魚鱗癬(じんじょうせいぎょりんせん)」という皮膚病に発展してしまうので、対処しなければなりません( `ー´)ノ

 

この粉吹き肌の原因には大きく分けて内的原因・外的原因の2つあるようですね。

  • 内的原因=血行不良、栄養不足、老化
  • 外的原因=洗いすぎ、過度の暖房
 

 

私の場合は特に、冬場に口の回り・唇がよく乾燥してしまい、粉吹きができたり、皮がめくれたりパサパサしすぎ、血がでてしまうほどになるので、毎シーズン後悔しています。

で、ちょっと遅すぎるケアだと反省しながら、口周りや唇には、いつも以上にたっぷりと化粧水をつけたり、リップクリームを塗ります。
リップクリームは、ヒアルロン酸・コラーゲン・ムツロウなどが多く含まれているのを選び常に持ち歩きこまめに使用していますね(#^.^#)

 

また足のかかとについては、そもそもかかとが部位的に、体の全体重がかかるため角質が厚くなり皮膚が伸びにくく乾燥するとひび割れてしまうという特徴を持っています。
毎年この季節になると、CMでもものすごく痛そうなのが流れていますよね(^^;)

あそこまでひび割れたことはさすがにないのですが・・・

 

なので私はかかとに、酷いときには病院で処方された物をたっぷりと塗り、落ち着いて来たらソンバーユを塗って靴下を履いて保湿しています。

Junge Frau bei Pediküre

今のところ、粉吹きが起きるのは口周りとかかとのみですが、顔が粉吹きしてしまうと化粧ののりが悪く目立つので、女性はどんなに忙しくてもこまめにケアした方がいいですね。

コメントを残す