唇の乾燥対策について勘違いしてたこと・・・

Sponsored Link

この季節にひどく乾燥が進む部位の一つに唇があげられますが、実は私、この唇の乾燥対策で勘違いしていたことがあるんです(>_<)
調べていて知ってしまいました・・・
ああ、だから、毎年血が出るくらいにまで唇が荒れてしまっていたんだ・・・と思ったのです。。。

 

もしかしたら、他にもそういう方がいらっしゃるかもしれないので、調べたことをまとめておきますね(#^.^#)

 

リップクリームの種類と役割

ドラッグストアなどにリップクリームを買いに行くとよくわかるのですが、お値段にバラつきがありますよね。

 

最近では若い子向けにかわいいデザインのものがたくさんあるので、とても華やかな売り場になっているのですが、それとは別に、「ハチミツ入り」とか、「ヒアルロン酸入り」とか、普通に「薬用」と書いてあるだけのものとか、それこそたくさんの種類があるわけです。

で、いつも私は適当に、乾燥肌だから「ヒアルロン酸入りがいいかな」と、そこだけをみて安易に購入していたのですが・・・

 

実は、リップクリームには次の3種類がありました。
  • 普通のリップクリーム
  • 医薬部外品のリップクリーム
  • 医薬品に分類されるリップクリーム
 

 

可愛いデザインのものとか、フルーツフレーバーとかのものはほぼ「普通のリップクリーム」。
これは、唇が荒れ始める前にケアするときだけ有効なのだそうです。
つまり、荒れてからぬっても治らないということ(゚д゚)!

はちみつ入りだろうが何だろうが、改善のための効果はあまりない・・・とのことです(>_<)

ちょっと高めのものを買ってみたり、一生懸命何度も塗っていたんですけどね。。。治らないはずです(>_<)

 

荒れた唇を治したいのであれば、医薬部外品か、医薬品のリップクリームを購入しなければいけない。
それも、効果を求めるならば「医薬品」を選択するべき、とのこと。

これを初めて知ったのです(゚д゚)!

 

・・・ということで、早速購入しました。

P1010499

第3類医薬品に分類される口唇炎・口角炎治療薬「モアリップW」。
8g入りで800円くらいだったでしょうか。

 

早速塗ってみたのですが、驚いたことに、ロールオンタイプではなく、細い穴から指先に絞り出して唇に広げるタイプ。
まさにお薬という感じですねw

でも、塗ってみるとさすがに効きがとても良いです!
それはすぐわかりますね。

酷い荒れ方をしていても治るのが期待できますので、早速今晩塗って寝ようと思っています(*^^)v

コメントを残す