乾燥肌の頭皮にはフケが出る・・・

Sponsored Link

気づいたら肩にフケが・・・なんて経験ありませんか?

 

黒や紺など濃い色の服を着ているときはちょっと気を付けたいフケ。
不潔感を感じさせてしまうので、フケなどをつけていたら女子力がた落ちですよね”(-“”-)”

 

そもそもフクケって何なのでしょうか?
そして、どうしてフケって出るのでしょうか?

attractive asian woman beauty image on white background

フケとは?

フケ・・・それは、頭皮が行なった新陳代謝の結果、剥がれ落ちた古い角質です。

肌は常に新しい細胞が生まれ、それが長い日数をかけて上へ上へと押し上げられ、やがては垢となって剥がれ落ちで行きますよね。
それは頭皮も同じことで、ターンオーバーによって押し上げられた皮膚がやがて剥がれ落ちていきます。

 

剥がれ落ちる古い角質は、普通ならば細かくなって髪を洗ったときに落ちていくのですが、大きめの塊となってはがれていくのがフケで、多すぎる場合はそれはそれで問題だとか(>_<)

フケとして目に見えるようになるほど大きな角質細胞が剥がれ落ちているのは、正常なターンオーバーができていない証拠なのだそうです( ゚Д゚)!

 

フケが出る原因

細かく自然に落ちていくはずの古い角質が、フケという目立つ形で落ちていく原因は、頭皮の乾燥が一番といわれています。

そして、その頭皮の乾燥を招いているものが、洗髪のし過ぎや、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったことによる頭皮の乾燥だとか。
頭皮が乾燥することによって、古い角質がパラパラと剥がれ落ちていくという感じですね。

 

なので、フケを防ぐには、顔の肌の場合と同じように、髪を洗う時に頭皮がダメージを受けないようにやさしい洗浄力のシャンプーで洗わなければいけませんし、洗髪の仕方も熱いお湯で洗ったりしないようにとか、爪を立てて頭皮を洗わないように・・・といった改善が必要になります。

それに、「朝シャン」という洗いすぎの習慣もやめておいたほうがいいかもしれませんね(>_<)

コメントを残す