乾燥肌と年齢の関係・・・

Sponsored Link

年齢が進むと肌は衰えていく・・・この当たり前の過程と乾燥肌がどのように関係しているのか、肌の時系列的な変化に改めて着目してみたいと思います( `ー´)ノ

 

発汗機能の低下
加齢と共に皮膚の保護機能は衰えていくと言われています。
肌の保護機能は、自らが分泌する汗と皮脂によるものなのですが、発汗や皮脂の分泌能力が年齢と共に落ちていくのです。
男性ならば40代、 女性なばら30代から衰えていくといわれていますね。。。

diet2

 
皮脂分泌の低下
若い時は肌が乾燥したら気付いた時に、保湿したりなど夜にケアすれば朝には治り気にならなかったですが、年齢とともに乾燥した肌が回復するのが遅くなったり、一日ケアしないだけで体のいたる部分が乾燥したりしてしまいます。

何故年齢とともに乾燥するのかについては、皮脂の分泌量が減るから。

 

皮脂腺から分泌される皮脂の量はホルモンによってコントロールされていますが、男女ともに年齢とともに減少し皮脂の量が減るのだそうです。

特に乾燥しやすく乾燥すると老けて見えるのが、皮膚が薄い首や顔(目の回りや口元)。
なので、他のパーツよりさらに意識して保湿クリームを多く塗ることで乾燥を防ぐだけでなく、小じわやくすみの予防にもなりますね。

 
ストレスの増加
人は年齢と共に様々な事情を抱え込み、ストレスを感じる事が増えるため、乾燥肌になりやすいといわれています。

頭を抱えるOL

ストレスを感じると、暴飲暴食や寝不足などにより生活リズムが崩れ、その分内蔵に負担がかかるために不調になります。
それが肌に影響するわけですね。

 

なので、年齢と共に体のいたる部分に注意をなければならず大変ですが、ストレスは溜めないようこまめに発散をする事が大切なのです。

コメントを残す