乾燥肌がかゆい場合は化粧水なしのケアがおすすめ

Sponsored Link

乾燥肌の悩みの一つが、肌が「かゆい」場合の対処方法です。

単に乾燥気味な肌ならば、毎日行うスキンケアで、洗顔後に化粧水でまず保湿ケアを行なうのですが、乾燥が過ぎてかゆみが出ている場合、化粧水さえやめた方がいい場合があります。

なぜならば、かゆい肌は既に荒れているからです。
かゆければ掻いてしまうのが人間の本能。
なかなか我慢できるものではありませんよね。

 

そして、乾燥肌 かゆいでご紹介したように、掻けば掻くほどヒスタミンというかゆみ物質が知覚神経を刺激するため、かゆい範囲が広がってしまうんです(>_<)

 

掻いているうちに傷ができて炎症を起こしたり、蕁麻疹のようになったりすることもよくありますよね。
そんな時は化粧水をつけると、ヒリヒリしてしまうはずなんです。。。
それがどんなに肌にやさしい成分でできているものであろうと・・・

An allergic reaction causeing a severe case of hives.

とにかく化粧品の成分を受け付けられないくらいに肌が敏感になっているということですね(>_<)

 

なので、そんな状態のときは、化粧水を重ねるよりもシンプルなケアに帰る方が回復は早いようです。
洗顔料もほとんど使うことなく、水に近いぬるま湯で洗うだけの水洗顔がおすすめですね。

 

そして洗顔後は、化粧水をつけない代わりにワセリンを塗ってさらなる乾燥を予防するようにしましょう。
ワセリンは肌を刺激しない油分のみの保湿剤なので、化粧品が受け付けられないくらい敏感になっている肌にも使えます。

白色ワセリン

まずはかゆいのが治まって、肌がヒリヒリしなくなるまで化粧水なしのケアを続けるといいですね。

徐々に肌が回復して来たら、また化粧水をつけるスキンケアを復活させましょう。
そのときの化粧水は、もちろん低刺激のものでセラミド配合のものが望ましいですね(*^-^*)

コメントを残す