化粧水のつけ方一つで乾燥肌の状態も変わってくる

Sponsored Link

普段、化粧水を肌につける時、何気なくつけていませんか?

実はこれ、私のことなんですが(^^;)
ホントに何も考えずにつけてました。。。


でも、本当は化粧水のつけ方一つで肌の状態は変わってくるんですね(゚д゚)!


美容の本で化粧水の正しいつけ方を呼んでちょっと気をつけるようになってから、手で触ったときの感じが少し違ってきたんです。

その方法についてご紹介しますね♪

化粧水の正しいつけ方

化粧水をつける方法は、「手で付ける」、「コットンにしみこませてつける」とありますが、正しいつけ方というのは、化粧水によって最適な方法が違うようで、メーカーが指定している方法で・・・というのが正しいつけ方なのだそうです。


説明書や化粧水の容器の裏面に書いてある通りにつければ間違いない!ということ。


例えば、「500円玉くらいを手に取り、両手になじませてから顔を包み込むように」と書いてあれば、その通りが一番いいですし、「コットンにたっぷり染み込ませて、肌をなでるように」と書いてあれば、その化粧水にはそのつけ方が一番いいんです。


これ、なるほど・・・って思いません?

ちょっと私的には「目から鱗」でしたwww

やってはいけない化粧水のつけ方

それと、気になったのが、やってしまいがちなパッティング
パチパチと肌をたたくようにして塗る塗り方ですね。

化粧師をより浸透させたくて、また肌に適度な刺激を与えることがよいのだ・・・と信じて行なっている人も多いと聞きます。

実際、私もひところはやってましたから(^^;)


でも、これは絶対にNGなんですって。たたいても肌への浸透はよくならないし、肌への刺激になるだけでいいことは何もないのだそうです。

どうぞご注意くださいね(*^-^*)


おすすめのつけ方というなら、それはハンドプレス
人肌の体温で化粧水を温めて、両手で顔全体を包み込むようにしてじんわりと浸透させていく方法。

これが手で化粧水をつける場合のおすすめ方法でした(#^.^#)


これを知ってからは、即実践!
とてもいい感じですよ~♪

コメントを残す