乾燥肌からくるひび割れを治したい!

Sponsored Link

空気が乾燥するこの季節、乾燥肌の私は、足のかかとのひび割れ、手のひび割れ、唇のひび割れといった3種類のひび割れに悩まされます。

 

特に足のかかとに関しては、歳をとってからは年中乾燥してカサカサなんじゃないかしら( 一一)
ホントに潤いというものがなくなってきたな・・と感じる今日この頃です。。。

 

でも、このひび割れは何故起こるのでしょうか?
その原因について考えてみたいと思います。

 

ひび割れができる原因

肌がひび割れる原因は、一つには冬の肌の状態にあります。
冬は特に、寒さや乾燥でバリア機能が低下し肌トラブルになりやすいですもんね(>_<)

 

バリア機能は一度機能が低下すると、肌の修復に時間がかかり、修復するまでの間に肌に刺激が入り込みやすくなり、ひび割れ・あかぎれ、肌荒れ、かゆみなどのトラブルが起こってしまうわけです。
一度ひび割れてしまうと治りにくかったり、治ったと思ったらすぐに繰り返されるのも特長的ですよね。。。

 
手のひび割れ
水が冷たい冬は、ついつい洗い物などにお湯を使用してしまいがちですが、この温度が高すぎると必要以上に油分を洗い流してしまうので注意が必要です(>_<)
手洗いにしても短時間ですませたり、ゴシゴシ手洗いしないのがポイントですね。

 

そして、手のひび割れに対処するクリームをつけるなら、ビタミンE入りのハンドクリームでケアするのが正解とのこと。
ひび割れ・あかぎれ用のハンドクリームをこまめに塗る習慣をつけることも大切ですね。

P1010490

 
足のかかとのひび割れ
足のかかとのひび割れを悪化させないためには、なるべく外気に肌をさらさないようにすることだそうです。
冬場は寒いから常に靴下をはきますが、むしろ注意が必要なのは夏場とか(゚д゚)!

09d4c6e72b7f8092d9347ba97697a0e4_s

夏は暑いので靴下を履く機会が減り素足になる事が多いので、ダイレクトに刺激が伝わりやすいのだそうです。
なので、冬場以上にクリームを塗るなど対策が必要だそうですよ(>_<)
そのためのケアクリームについては、乾燥肌 尿素でご紹介した通り、尿素入りのクリームがベスト(^^♪
しっかり塗って、ツルツルのかかとでいたいですね。

 
唇のひび割れ
唇のひび割れに関しては、乾燥対策 唇でご紹介したように、きちんと医薬品のリップクリームで修復ケアをするべきです。

P1010499

ちょっと高いリップクリームになりますが、普通のリップをいくら塗ってもひび割れは治りませんので、医薬品リップを思い切って買って下さいね(^^;)

 

このように、ひび割れに対するケアもなかなか大変(>_<)
でもこうしたひび割れの根本的な原因は、肌の表面上の問題ではなく、身体の根本的な状態にあるようですね。
それは、加齢といった問題だけではなく、寒さによる血行不良や生活習慣の乱れ、さらにはストレスも関係しているとか(゚д゚)!

きちんと規則正しい生活を送るということは、本当に大切なことなんですね(#^.^#)

コメントを残す