乾燥肌におすすめの洗顔石鹸は・・・

Sponsored Link

乾燥肌の状態というのは、まずは角質層の水分が保持されていない状態です。

 

角質層は、例えるとレンガのように肌細胞が積み重なっていて、そのすきまを繋いでいるのが「細胞間脂質」といわれるもの。
その細胞間脂質の約4割をセラミドが占めていて、水分を保持する力を持っているといわれています。

 

しかし、様々な刺激によりこの角質が傷つき細胞間脂質が減っていくと、肌は水分を保持できなくなり乾燥してしまうわけですね。
なので、乾燥肌の私たちは、角質層を傷つけないようにすること、肌の潤い成分であるセラミドやNMFといわれる天然保湿因子が流れ出ないよう注意しなくてはなりません。

 

その危険性が一番高まるのが洗顔なんですね。

 

乾燥肌におすすめの洗顔石鹸
スキンケアの中では、乾燥をもたらすものとして一番気をつけなければならないのが洗顔です。
その際に使う洗顔料もとても重要で、洗顔料を間違えると乾燥は一層進むので、その後いくら保湿を心がけても追いつかない状態となってしまいます(>_<)

 

では、どんな洗顔料がいいのでしょうか?

刺激の少ない洗顔料といえば、石鹸が一番ではないかと思います。

 

その理由は、一説によると、石鹸のphがアルカリ性であること。
洗顔石鹸を使うことで少しアルカリに傾いた肌は、洗顔後、本来の弱酸性に戻ろうとして活性化するのです。
肌の恒常化機能を利用した活性方法ですね。

k3194

次に、洗浄力が強すぎないこと。
石鹸には、強い洗浄力の象徴である石油系の界面活性剤が使われていないので、必要な皮脂や潤い成分まで洗い流すことがありません。(というより、流れ出ていく量が最小限で済むということですね。)

 

こういった理由から、洗顔料には洗顔フォームより洗顔石鹸を・・・とされているんですね。

 

しかし、石鹸ならどれでもいいのか?となると、話は別。
もちろん石鹸にもいろいろあって、肌の刺激になる成分が含まれているものも存在します。

同じことは洗顔フォームにも言えるわけで、洗顔フォームだからすべていけない・・・というわけではないんです( 一一)
要は、そのモノ次第ですね。

 

そこで、おすすめしたい洗顔料が「どろあわわ」。
これは、「どろ豆乳石鹸」という石鹸成分のものですが、洗顔フォームのようなテクスチャーですし、とても泡立ちがよく、100円玉でも支えられるくらい濃密なキメの細かい泡ができる洗顔料です。

P1010560

豆乳発酵液という天然素材のベースに、沖縄のマリンシルトを配合することで、汚れを吸着除去してくれる泡が出来上がります。

 

固形石鹸がどうも使いづらい・・・という家族の声もあって私が探した洗顔料なんです(#^.^#)
これ、なかなか肌にやさしくて潤感もありおすすめなんですよ♪

このどろ豆乳石鹸「どろあわわ」ぜひ使ってみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す