世界一受けたい授業で放送された乾燥肌向け入浴法がイイ!

Sponsored Link

これから本格的な冬迎え、外気もどんどん乾燥してきますよね。
顔の肌だけでなくても足も、乾燥肌の人には厳しい季節になってきます・・・(>_<)

 

そのため、化粧品のテレビCMも保湿重視のラインナップになっていますし、健康番組でも乾燥肌のお手入れ特集が組まれることが多かったり(#^.^#)

つい先日も「世界一受けたい授業」で乾燥肌向けの入浴方法について紹介されていましたね。
この内容がちょっとした評判になっていますし、すごくイイので改めてご紹介したいと思います♪

stockfoto_66139621_S

乾燥肌にNGな入浴方法

まずは、乾燥肌の人がやってはいけない入浴方法なのですが、これがまたついついやってしまうようなことなんです(>_<)

 

番組内ではランキング形式で下の順位から紹介されていましたが、ここでは1位からご紹介しますね♪
●第1位  15分以上の長風呂
●第2位  42度以上の熱い湯に入る
●第3位  一番風呂
●第4位  脱衣所が寒い
●第5位  全身をゴシゴシ洗う

いかがでしょう?

身体をゴシゴシ洗ってはいけないのは、必要な皮脂を洗い流してしまうためと、肌への摩擦が刺激やダメージになってしまうから・・・
これは肌に気を遣っている女性にはよくわかることですよね(^^;)

湯の温度が熱すぎるといけない・・・というのも、同じ理由でよくわかります。
肌が赤くなるのは軽いやけどと同じようなものといいますし(#^.^#)

 

でも、脱衣所とが寒いのも肌への刺激になるというのは意外でした(゚д゚)!
せっかく入浴で暖まった肌が急激に冷やされることで刺激になってしまうと・・・

 

でもそれ以上に「あーダメなのかー」と思ったのが、第1位の「15分以上の長風呂」!
この寒い季節、ゆっくり湯船に浸かるのが気持ちがいいのに、乾燥肌の人にはそれもダメなんですね。。。
湯の温度にさえ気をつけていれば、30分くらいまではいいんだと思っていました(>_<)

 

乾燥肌におすすめの手抜き風呂

では、乾燥肌の人にはどのような入浴方法がおすすめなのかというと、これが面白く「手抜き風呂」なのだとか(゚д゚)!
今回この方法を推奨していらしたのは、温泉療法専門医の早坂信哉先生という方なのですが、この方によると、おすすめの「手抜き風呂」とは、次のようなものでした。

 
  • 蓋をせずに湯船に湯を張る(洗い場を温かくする意味で)
  • 一番風呂にティースプーン1杯のレモン汁を入れる(アスコルビン酸入り入浴剤でもOK)
  • 泡を使って手で洗い、洗うのは、顔・胸・脇・お尻・股といった汗をかきやすい5カ所のみ。それ以外はかけ湯で流すだけでOK
  • 40度の湯で10分肩まで浸かるのがおすすめ
  • 浴室内で身体を拭き化粧水を。服を着る前にクリームを塗るといい
 

どれもなるほど・・・というもの。
乾燥肌に悩む人はここまで気を配らなければいけないんですね(^^;)

でも、この1週間、実際にこれをやってみると確かに肌が乾燥でかゆくなることはありません!
やっぱりイイんです!

 

ぜひ、同じように肌の乾燥が気になっている方はやってみて下さい♪

 

因みに、もっと乾燥の度合いがひどく、アトピー肌になってしまっている方には、湯船に混ぜるのはレモン汁より当ブログで以前おすすめしたアトピー肌専用の入浴剤「みんなの肌潤風呂」がおすすめです(#^.^#)

P1010449

入浴方法だけでは間に合わない!!という極度の乾燥肌の人や、すでに肌荒れを起こしてしまっている人には、この入浴剤がおすすめですよ。


詳しくは乾燥肌 入浴剤でご紹介していますので、併せてこちらも参考になさってくださいね(*^-^*)

コメントを残す