皮膚科で毛穴の開きを治す場合

Sponsored Link

皮膚科で毛穴の開きを治す場合、フラクセルレーザーやサーマクールなど最新のマシンを用いて技術を駆使したレーザー治療が受けられます。

レーザーを用いての肌への作用は、厚労省によって医療機関にしか認められていません。
それだけに家庭とは次元の違う、そしてエステとも全く違う効果的な施術が受けられますね(*^-^*)

 

どういったものがあるのか、調べた範囲ですが一部ご紹介しますね♪

 

フラクセルレーザー
レーザーを照射することで皮膚の真皮層に微小なスポットで熱ダメージを与えて、古い組織から新しい組織への皮膚の張替えを促す治療方法。
コラーゲンを増殖させ毛穴を引き締めることが可能とのことです。

 
サーマクール
レーザー光線の数十倍の強さを持つラジオ波を肌に照射し、熱エネルギーを与えることで自己コラーゲンを収縮し、毛穴の引き締めを図る治療方法です。

 
カーボンピーリング
医療用の超微粒子カーボンクリームをぬってレーザーを照射し古い角質や角栓を除去するレーザーピーリングの一種です。
同時に、レーザーの熱エネルギーでコラーゲンの増殖を測り毛穴を引き締めることも可能だそうです。

説明する女性 表情 美容

このように、レーザーを照射することで与えられる熱エネルギーによってコラーゲンの増殖を測る治療が主に行なわれます。
そのかにもさまざまなピーリングなどもありますので、毛穴の状態に合わせて効果的な治療が行なってもらえそうですよ(*^-^*)

ただ、その分、治療費は1回あたり30,000円ほどかかってしまいます(>_<)

まずは自宅でのケアを試してみて、それでも何も効果がなかった場合に最終手段として受けるのがおすすめですね。

コメントを残す