顔汗 止める

Sponsored Link

気温が高くなってきたこの季節、だんだん汗の量が増えてきましたよね(^^;)

暑いと汗をかく。
それはすごく当たり前のことなのですが、中には体にはそれほど汗をかかないのに顔にはだらだらと流れ落ちるくらいに汗をかく・・・という方がいらっしゃいます。

 

でも、これって人一倍暑苦しそうに見えるし、せっかくのメイクが汗で流れて化粧崩れを起こしてしまうから、女性としてはとっても困ること(>_<)
そう、多すぎる顔汗は何とかして止めたいものなのです。

 

なので、今回は顔汗を止める方法について考えてみましょう。

そもそも顔汗が多すぎるって何が原因?

私たち人間にとって汗は体温調節をするうえでとても重要なもの。
生命活動が正常に維持されるために自律神経がコントロールしてくれている分野なのです。

 

でもだからと言って、顔だけに汗が集中するのはやっぱりおかしい!
その原因は、普段汗をあまりかかない生活をしているために汗腺が機能しなくなっていることにあるんです”(-“”-)”
つまりは、運動不足

 

汗腺が普段からあまり使われないために機能が低下し、「いざ、体温調節のために汗を出したい」と体が思ったときに使える汗腺がなく、結果、表情などで動きの大きい顔の汗腺に集中してしまう・・・ということのようです。

だから、根本的な解決のためには、適度な運動を生活に取り入れて汗腺を機能できる状態にしてあげなければなりませんね(#^.^#)

 

しかし、多すぎる顔汗に困っている人の中には、上記のケースに当てはまらない方もいらっしゃいます。
それが、いわゆる「顔面多汗症」・・・行ってみれば発汗異常というケースですね。

 

この原因は、背景にバセドウ病などの甲状腺機能亢進症という病気があったり、更年期障害があったり、糖尿病の影響という問題があったりするので一概には言えません。

心配な場合は、病院を受診して病気が隠れていないか見てもらう必要がありますし、病気が原因で顔汗が多くなってしまっているのであれば、治療しなければ問題の解決にはなりません。

 

ただそれまでの間だけでも現実問題として、人前に出ていく場面で多すぎる顔汗があってはとても大きなストレスになるので、何とか一時的にも顔汗を止めたいと思いますよね。

そういった方法をいろいろ調べてみました(#^.^#)

一時的に顔汗を止める方法って?

多すぎる顔汗を一時的に止める方法で自宅で簡単にできるものとしては、次の4つが考えられます。
  1. ゆっくり深呼吸をしてリラックスする
  2. 首の後ろ(にある太い血管)を冷やす
  3. 皮膚圧反射(半側発汗)を利用して胸元を縛る
  4. 制汗剤を塗る
 

効果の弱いものから強い順に挙げてみました(#^.^#)

 

まずは、精神性の発刊を緩やかにするようにリラックスをすることが大切であり、冷やすということは循環する血液の温度が下がり発汗が抑えられるという効果が期待できます。

そして、「胸元を縛る」というのは女優さんや舞妓さんが使っている裏技的制汗方法です。

 

人間の体には半側発汗という仕組みがあるため、ある部分に圧力をかけることでそこの発汗が止まり、反対側に位置する部分に発汗が集中するようになっているのだそうです。

だから、胸元を縛れば、そこから上の部分である顔の汗が止まる・・・その代わり、下半身にはいつも以上に多い汗が出ているわけですね。

なので、一時的な効果は高いものの、それなりに不快な部分は我慢しなければならない方法なんです(#^.^#)

 

しかし、4番目に挙げた制汗剤を用いて顔汗を抑える方法なら、きちんとした制汗剤さえ選べば、このような不快な部分なしに顔汗を抑えることができます!

それが、日本で初めて顔汗用に開発された制汗剤「サラフェ+」です♪



この「サラフェ+」は、有効成分が毛穴の奥に浸透し、そこで発汗自体を抑えるので汗の量が減るという効果と、収れん作用によって毛穴を引き締めることで、汗の粒をより小さくし蒸発を高める効果の2つが期待できる優れものの顔用制汗剤です。

 

配合されている成分すべてがデリケートな顔の肌に優しく作られているので、敏感肌の方にも安心なんですよ(#^.^#)

 



ぬって数分で汗が止まるという即効性の高さも人気なので、ぜひこの夏、お試しいただきたいと思います(^^♪

定期購入で8,480円が5,480円になるというお品ですが、1回限りの購入で解約してもOKという良心的な価格設定なので安心ですよ!(^^)!

>>>朝塗れば、1日中顔汗知らず♪【サラフェ】

コメントを残す