活性酸素がコレステロールを酸化させると・・・

Sponsored Link

私たちの生活の中で大量発生してしまう活性酸素は、さまざまな生活習慣病の原因の一つとも言われています。
その中でも特に関係が深いと言われているのが、動脈硬化と糖尿病。

 

今回は、特にその動脈硬化にスポットを当て、活性酸素がどのように動脈硬化にかかわっているのかついて詳しくまとめてみたいと思います。

Atherosclerosis disease - plague blocking blood flow

動脈硬化と活性酸素

動脈硬化とは、血管の内側の壁に脂質、繊維、カルシウムが溜まってしまい血管が硬くなってしまう状態を言います。さらに進行すると血管が細くなりもろくなってしまいます。最終的には、血液の流れが悪くなったり血管が破裂してしまったりする命にかかわる怖い病気です。

 
コレステロールとは?
よく耳にするコレステロール。
実は中性脂肪と同じあぶら(脂質)の一種で体にとって重要な役割があります。
大まかに言うと、コレステロールの重要な働きは、次の3つだそうです。
  • 細胞を守る膜(細胞膜)を形成する際の材料になる
  • 体内に分泌される各種ホルモンの材料になる
  • 脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の材料になる
 

このように、取りすぎるとマズいコレステロールも、本来は私たちの身体には必要なものなのです。
俗に言われる「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」は、役割が違うことからそう呼ばれているとのこと。
結局のところ、コレステロールは取りすぎると問題になるだけで、本来は必要なものなんですね(*^-^*)

 

なので、動脈硬化を予防するために重要なのは、コレステロールを酸化させないことの方なのです!

 

活性酸素が大量発生する原因は、活性酸素 原因でご紹介した通りですが、私たちが生活の中で活性酸素を大量発生させないように工夫していくことで状況はかなり変わると思われます。

 

例えば、料理の時に使っている油をオリーブオイル、えごま油などに変えるだけでも違うでしょう。
忙しい毎日の中でお惣菜や長期保存できる食材に頼ることも少なくないと思いますが、油は酸化しやすいので、すでに酸化しているコレステロールを摂取する事も最近は問題視されているそうです。

お惣菜や長期保存できる食材には、そうした酸化油が使われているということですね(>_<)

 

そうしたものを全く摂取するなというのも無理な話なので、そんな時は抗酸化作用のある食材を意識的に摂ったりする努力をしてみてはいかがでしょうか(*^-^*)

いつまでも元気で若々しくいるために食生活の見直しのきっかけにこの記事がなれば嬉しいです♪

コメントを残す