活性酸素とアンチエイジングの関係

Sponsored Link

アンチエイジングは女性にとって、とても重要なスキンケアの目的です。
確かに他人は歳をとれば、老いていくものではありますが、だからといって何もしなければ、肌は目に見えてシワシワになり、シミもたくさん浮き出て、自分でもあまり見たくないような姿になってしまいますよね(>_<)

だから、少しでもそんな「老い」を食い止めたい!
それが私たち女性が行なう、アンチエイジングのための努力ですよね(*^-^*)

 

では、このアンチエイジングに活性酸素はどのようにかかわってくるのでしょうか?

kanngaeru

活性酸素はアンチエイジングの敵!

活性酸素がどういうものかについては、活性酸素とはで詳しくご紹介させて頂いていますが、簡単に言えば、活性酸素は私たちの老化(=エイジング)を早めるものです。

 

例えば、エイジングの代表的な症状であるシミ一つをとっても、紫外線を浴びることによってメラニンが生成され作られてしまうものなのですが、この過程を促進している影の悪役が活性酸素です。

活性酸素は紫外線を浴びることによっても大量に発生してしまうので、メラニンの生成を促進し、シミを作ることに貢献しているわけですね(>_<)

stockfoto_24408477_XS

これはしわやたるみについても同様のことがいえます。
主に肌の乾燥や表情筋の衰えからしわやたるみができるものなのですが、活性酸素が真皮層のコラーゲンを減少させることによって、よりしわは深く修復できないものへと深刻化してしまったりもします。

 

その他にも、活性酸素は体内のいたるところの細胞を酸化させることによって、遺伝子を傷つけたり、臓器を錆びつかせたりの悪影響を及ぼしてしまいます。

美肌にとって重要な肝臓を老化させ機能を低下させることでも、美しくあろうとする肌を阻害する原因になりますね。

 

つまり、活性酸素は肌の老化を速めるという観点においても、私たちが行なうアンチエイジングの敵となり得ます( `ー´)ノ
何とかこの活性酸素を除去することが、肌の老化を食い止める重要なポイントということですね。

コメントを残す