活性酸素の種類について整理しておきましょう

Sponsored Link

活性酸素は身体に良くないと言われ、最近では活性酸素を減少させるためのサプリメントや水素水などが注目を浴びています。
特に水素水は、生活に直結している水であることから馴染みやすいため、盛んにCMやテレビショッピングで紹介されていますよね(^^;)

 

こういった対策の対象である活性酸素には、実は総称でそう呼んでいるだけで、実際にはいくつもの種類があります。
しかし、どのような種類があるのか、あまり知られていない面があるようです。
実は、私も今回調べてみて初めて知ったことだらけでして・・・(^^;)
せっかくなので、ちょっとそれを整理しておきたいと思います。。

 

活性酸素の種類
活性酸素と定義されるものには、狭義と広義の分類があって、それぞれ次のようになっています。

 

〇狭義の活性酸素
・スーパーオキシドアニオンラジカル
・ヒドロキシルラジカル
・過酸化水素
・一重項酸素
・ヒドペルオキシルラジカル
・アルコキシルラジカル

 

〇広義の活性酸素
・一酸化窒素
・二酸化酸素
・オゾン
・過酸化脂質

 

聞きなれないものも含まれますが、こんな分類になるようですね。
この中でも、活性酸素 フリーラジカルでご紹介したように、フリーラジカルとノンラジカルに分類されるようですね。

 

そして、狭義の活性酸素の中では、体内で発生するスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4つが特に注目されています。

体内で発生するこれらの活性酸素は、善玉活性酸素と悪玉活性酸素に分かれ、体内でそれぞれ良い役割や悪い役割を果たします。
なので、一概に活性酸素についてまとめることはできず、それそれをきちんと理解していく必要があるので、まずは知ることから始めてみたいと思います( `ー´)ノ

スポンサードリンク

コメントを残す